| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LUNA SEA(ルナシー)/ EDEN

EDEN EDEN
LUNA SEA (2007/01/24)
ユニバーサルJ
この商品の詳細を見る

LUNA SEA(ルナシー)のオフィシャルサイト、謎のカウントダウン。
公式サイトで謎のカウントダウン…LUNA SEA復活か?
「“GOD BLESSED YOU”ってのは新曲のタイトルかもしれない!」
等々、色々な憶測が飛び交っております。
カウントダウンの数字はついに、“3”です。拍子抜けする発表(DVD発売とか)かもしれませんけどね…

さて、今回はインディーズから数えて通算“3”枚目のアルバムである“EDEN”のレビューをしたいと思います。
■外見的な変更
RYUICHIこと河村隆一が、これまでのDEAD OR ALIVEのピート・バーンズ(本人はDEAD ENDのMORRIEだと主張)風の外見から一転し、小綺麗な感じになっており、お茶の間的にも見られる外見に落ち着きました。タモさん風に云うところの、「髪切った?」であります。
この頃ってまだビジュアル系への偏見が多い時代だったので、賢明な選択であったと思います。
■音楽的な変更
前作“IMAGE"は耽美で幻想的な世界の中に、とてもピリピリとしたムードが漂っていました。しかし、今作の“EDEN”は、アルバムのジャケットが示しているような、幻想的な雰囲気を保ちつつも開放感に溢れた仕上がりであると思います。
■その他
本作から、作詞・作曲のクレジットが個人名ではなく“LUNA SEA”へと変更されました。

1.JESUS
ライブでもお馴染みのナンバーです。原曲はJですね。ラジオ・ノイズの様なディストーション・ギターや、勢いのある真矢のドラミングが素晴らしい。
2.BELIEVE
第一弾のシングルともなったこの曲。シングルではやくも、『日本人が好むメロディー』と『日本人が好む展開』に『ヴィジュアル系に必要な要素』を絡めました。まさにシングルになるべくして作られた曲だと思います。原曲はSUGIZO。
シングルとはミックスを変えていますね。
3.Rejuvenescence
スネアの音が耳に付きますが、美しいギターと芯のあるベース。そしてなにより、泣きのメロディーを心ゆくまで堪能できる作品。原曲はINORAN。なんとなくニューロマンティックやニューウェイヴのテイストを感じます。
結構良い曲だと思うのですが、今作のツアー(SEARCH FOR MY EDEN TOUR)でのみ、しかも数回だけしか演奏されなかったらしい。
4.RECALL
INORANの原曲。#3.Rejuvenescenceと同様、美しいメロディーですね。SUGIZOのギターが幻想的な雰囲気を創り出しています。が、しかし、この曲もやっぱりスネアの音が嫌。昔のドラムマシーンみたいな音で…
5.ANUBIS
SUGIZO原曲。強烈なギターリフと打ち込み的な発想のドラム・パターンに圧倒される。気持ちの悪い歌詞をネットリと吐き出すRYUICHIが気持ち悪くて最高である。ギターソロが秀逸。
6.LASTLY
インディーズ時代からあった曲で、INORANの原曲。
結構良い曲だと思うのだが、ライブでは一回くらいしか聴いた記憶がないぞ。
7.IN MY DREAM(WITH SHIVER)
Jの原曲。メジャー第二弾シングル。取り敢えずビデオ・クリップが気持ち悪かったな。
8.STEAL
J原曲。なんだか割とお洒落な雰囲気を出そうとしているようだ。そしてそれなりにオシャレなんだけど、音はビジュアル系のまんまだしなぁ。複雑。
9.LAMENTABLE
J原曲。ワーミー(ギターのエフェクター)を使ってギラギラ感を付加したクリーントーンが良い。
10.Providence
お察しの通り、SUGIZO原曲。SUGIZOはヴァイオリンのみを担当。ワルツのリズムが心地よいです。室内よりも、野外のライブで聴きたいね。
11.STAY
Jの原曲。失礼ながらLUNA SEAとしては捨て曲に近い出来だと思うけど、LUNA SEA以降に雨後の竹の子状態で沸いて出たヴィルアル系バンド達って、殆どがこの曲のレベル止まりだった。
LUNA SEA公式サイトはこちら

スポンサーサイト

| LUNA SEA | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LUNA SEA(ルナシー) / IMAGE

IMAGE IMAGE
LUNA SEA (1992/05/21)
ユニバーサル
この商品の詳細を見る

公式ページで行われている謎のカウントダウンにより、再結成か?との噂が囁かれているLUNA SEA(ルナシー)。今回はそんなLUNA SEAのメジャーデビュー第一弾作品“IMAGE”のレビューを試みます。

1. コール・フォー・ラヴ
幻想的な女性コーラスがアルバムへの期待感をあおる。Dejavuへの繋ぎでもある。
2. Dejavu
ライブでも演奏され続けたアップテンポの曲。中期~後期のライブではRYUICHIこと河村隆一が怒鳴ることを止めてしまい、このデカダンな雰囲気は壊されてしまった。未聴の方は原型でもあるこのヴァージョンを是非とも聴くべし。
3. MECHANICAL DANCE
アップテンポなナンバーが続く。メロディーの動きや譜割があまりLUNA SEAっぽくないように感じる。怒られちゃうかもしれないけど、サビなんかは後輩バンド?のペニシリンっぽい。
4. WALL
壮大な歌詞を纏って浮遊するRYUICHIの声が素晴らしい。曲もまた幻想的で耽美で秀逸。SUGIZOによるヴァイオリン・プレイも曲にベストマッチしている。
5. Image
時計の針が時を刻んでいる様な機械的なギターが歌詞とリンクしている。INORANの奏でる美しいクリーン・トーンがひたすらに心地よい。ギターによる間奏のフレーズはSUGIZOの定番。しかもその後にヴァイオリン・ソロまで付いてくる(豪華!)
個人的には歌詞の一部『夢エナジィ』『愛エナジィ』で苦笑いしてしまうけど。
耽美でデカダンなLUNA SEAのイメージはもう、この時点でほぼ完成していたのだろう。ここまでの流れには圧倒される。
6. SEACH FOR REASON
独創的なギター・リフによるダークな曲。特に間奏の完成度は、アルバム中随一ではなかろうか?
デビューアルバムでこんなの聴いたことないよ。素晴らしい。
7. IMITATION
重苦しいイメージを纏った軽快な曲。この曲の展開は個人的にツボである。
8. VAMPIRE’S TALK
ヴァンパイアの苦悩を歌っているようだが、このヴァンパイア…可愛いなぁ(笑)。
サビではRYUICHIがドスをきかせて腹から声を出している。河村隆一さは微塵も感じません。アレはアレで好きだけどさ。
因みに、曲としては個人的にイマイチで、好みからは逸れる。
9. SYMPTOM
インディーズっぽ…
10. IN MIND
非常に残念な歌詞である。
11. MOON
インディーズ時代に発表したアルバムにも収録されている曲。比較してみると、こちらのヴァージョンは格段に完成度を増しており、より壮大で幻想的になっている。
ライブでこの曲が始まると、会場が別世界へと迷い込む程の存在感を持っている。
12. WISH
LUNA SEAの定番中の定番。ライブではお馴染みで、ファンと共に創り上げてきた感がある。一部で使用されているワーミーによるギターが、脳内を掻き乱す。
J氏曰く、全ての部分がサビに聞こえるように作ったのだという。真矢の勢いあるドラムの上を滑走する楽器陣はなんだか楽しそうだ。
LUNA SEAの公式ページで行われているカウントダウン。これが再結成へ向けた合図であるならば、僕はこの歌を聴きながら待ちたいと思う。
I wish for... こんな夜には、夢見て
I wish for... 失くしたすべてに
I wish you... 今も
LUNA SEA公式ページはこちら

| LUNA SEA | 18:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LUNA SEA(ルナシー)/ LUNA SEA

LUNA SEA LUNA SEA
LUNA SEA (2000/09/13)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

はい、みんな集合(笑)。もしや再結成か!?って噂で持ちきりのLUNA SEAであります。今回はそんなLUNA SEAの記念すべき1stアルバム“LUNA SEA”を紹介したいと思います。

LUNA SEAってゴシックロックやニューウェイヴ、ポジパンやテクノ、クラシックなどから影響を受け…って云うよりいいとこ取りして自分達のモノにして、個性溢れるメンバー達が試行錯誤しつつ創り上げてきたって感じで、我々と同世代の音楽好きなら思わずニヤリとしてしまう要素を感じますね。

1. FATE
この曲は、LUNA SEAとファン(SLAVE)にとってとても意味のある曲ですね。ライブではお馴染みの曲。インディーズ音源ってことで音はスカスカなんですが、とても勢いのある曲です。
2. TIME IS DEAD
デビュー後も演奏され続けていた曲で、インディーズとは思えない完成度です。アップテンポな部分と溜める部分でメリハリが効いていて良いですね。LUNA SEAは歌詞の表記が独特で(歌詞というよりはポエムっぽい)、繰り返し部分だとかここから2番だとか、そういう記載ではないのですが、こういう形式って良いですな。カラオケ用じゃねーぞ!って感じで。
3. SANDY TIME
SUGIZOのギターとヴァイオリンが素敵です。インディーズにして、LUNA SEAのイメージってきちんと出来上がっていたんですね。歌詞がまた耽美なんですわ。なんとなくニューウェイヴを感じる部分もあって、この曲は好みです。
4. BRANCH ROAD
この曲にはBauhaus(バウハウス)辺りの影響を多分に感じますね。
5. SHADE
ワルツの拍子と某ブラックメタルのバンドみたいな高速スカスカドラムがお気に入りです。
6. BLUE TRANSPARENCY 限りなき透明に近いブルー
イントロのギターでもうワクワクし始めちゃいます。RAYLA…いやレイラはまずい…RYUICHIこと河村隆一のヴォーカル!今とは別物ですが、このヴォーカルが良い!
因みにこの頃のRYUICHIは、良くてBauhaus(バウハウス)悪くてDEAD OR ALIVEのピート・バーンズ(本人はDEAD ENDのMORRIEを意識しているようだが)に外見が似ています。多分本人は思い出したくないでしょう。
7. THE SLAIN
このRYUICHIと一時期の河村隆一が同じ人物とは思えない程に声と歌い方が違います。まぁ僕はどっちも好きですが。
この曲は映画の劇中歌っぽいですねぇ。『歌<インスト』だし。
8. CHESS
高速なテンポの曲です。歌うのも叩くのも一苦労。
このレビューを書く前日にブラックメタルを聴いていたので、スカスカな音源でも全く気にならん(笑)。
9. MOON
このアルバム一番の名曲かな~。ギターにディレイを掛けて、幻想的な雰囲気を創り出しています。…創り出していますって簡単に言っちゃいましたが、彼らのアイディアにはいつも脱帽です。
10. PRECIOUS...
LUNA SEAの代表曲。ライブではいつも大盛り上がりです。まぁ、後期はあの怒鳴る部分を歌わなくなってしまったレイラ…じゃなくてリュウイチさん。ちょっと残念だなぁ。
LUNA SEAを語る上で重要なファクター(メロ・ノリ・音etc)が詰まっております。彼らの曲は我々のようなアマチュアがコピーして演奏するだけでも気持ちが良いんです。まさにライブを重要視しているバンドの曲ならではですね。

実は、僕は大学の音楽サークルで、定期的にLUNA SEAをコピーしていたことがあります。その時に担当していたのはヴォーカルだったのですが、多分LUNA SEAはほぼ全曲やったぞ。無理矢理。

| LUNA SEA | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。