| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SOFT BALLET(ソフトバレエ)/ FORM

FORMFORM
(1995/04/21)
SOFT BALLET

商品詳細を見る

今回紹介するのは、1995年に発表されたSOFT BALLET(ソフトバレエ)6枚目のオリジナルアルバム『FORM』です。

1.YOU
2.PHOENIX
3.PERFECTION
4.RIDE
5.U
6.NO-ONE LIVES ON MARS
7.LAST SONG
8.JAIL OF FREEDOM
9.ROMAN


前作の『INCUBATE』の様なメロディーを大切にした雰囲気の楽曲から一転、とても淡々としていて冷たささえ感じさせる雰囲気です。
シングルの#1.YOU#2.PHOENIX(フェニックス)は、これまでの流れを感じつつも新しさを感じます。#3.PERFECTIONは毎度お馴染み森岡賢っぽい曲調。
…と、この辺りまではいつものSOFT BALLET(ソフトバレエ)と同じ感覚で聞いていたのですが、後半に行く毎に聞きづらく感じ、最初はちょっと戸惑っちゃいました。だってなんだか冷たいんだよ!サウンドやメロディー、そして表現全体が。
でも、よくよく聴き返してみると、遠藤遼一、藤井麻輝、森岡賢の3人が個性をぶつけ合った化学変化を楽しむ様な従来通りの作品ではなく、混ざり合って融合し合ったような統一感があるんですよね。
本作を最後(この後に本作のリミックス/ベストアルバムが出ますが)に、SOFT BALLET(ソフトバレエ)はまさかの解散をしちゃうのですが、最後の作品でメンバー3人が見事に融合。ラストの#9.ROMAN…やー泣けてくる。

テクノ/アンビエントな感覚に支配された本作は、これまでと同じようでいて、なんだかちょっと違う印象。勿論、今では好きなアルバムといえますが…元々テクノが好きな人にはあっさりと受け入れられそうだけど、本作は彼らの代名詞でもある“エレクトリック・ボディビート”では無いので、ソフトバレエを初めて聴く方にはオススメできないかも。
youtubeにてPHOENIX(フェニックス)のライブ映像がみられます

スポンサーサイト

| SOFT BALLET | 15:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SOFT BALLET(ソフトバレエ)/ INCUBATE

INCUBATEINCUBATE
(1993/11/26)
SOFT BALLET

商品詳細を見る

今回レビューするのは、SOFT BALLET(ソフトバレエ)通算5枚目のアルバム『INCUBATE』です。

1.PARADE (遠藤遼一 / 森岡賢)
アルバムの幕開けを飾るのは、とても大きなスケールの曲。森岡賢が創りだす壮大な世界は、遠藤遼一の歌詞と一体化して、見事に昇華されている。
いやがおうにもアルバムの期待感を高められる名曲。
2.JEWEL SNAKE (遠藤遼一 / 森岡賢)
シンセサイザーで構成されているリフを聴いてみると、それらが本来ギターでやるようなロック・テイストを持っているフレーズであることに気が付く。曲調はかなり簡素で淡々としているので、一曲目との落差を結構感じてしまうかも。
3.WHITE SHAMAN (遠藤遼一 / 森岡賢)
ジュリアナだとかヴェルファーレでお馴染み、コテコテとしたオーケストラ・ヒット(オケヒ)の音で始まるイントロにニヤニヤ。朗々と響く遠藤遼一の歌声とファミコンの様なピコピコ音は不思議な雰囲気を醸しだし、万華鏡のように変化する曲展開に引き込まれる。
ライブでは嫌という程、森岡賢の踊りを堪能できます(シンセ弾けよ!:笑)
4.TRANSCODE (藤井麻輝 / 藤井麻輝)
これまでの流れを断ち切るかのような暗い楽曲。これまでの森岡調の世界から一転、藤井麻輝によるダークな世界感にアルバムが変貌する。アンビエントな雰囲気のオケをバックに、語りだけが挿入されているのだが…何故だか引き込まれてしまう。
5.DEEP-SETS (遠藤遼一 / 藤井麻輝)
DURAN DURAN(デュラン・デュラン)で云うところの“SAVE A PRAYER”の様な、不思議な“無国籍風異国情緒”を感じる名曲。
6.INFANTILE VICE (遠藤遼一 / 藤井麻輝)
この曲が好きな人って多分、少し前のBUCK-TICK好きでしょ?
7.PHASE (遠藤遼一 / 森岡賢)
まるで楽園のような雰囲気を持った優しい曲。
8.ENGAGING UNIVERSE (遠藤遼一 / 森岡賢)
やーもうこの曲はソフバの中で一番好き。なんと云ってもPVがたまりません。
美しく紡がれるメロディ。必要最低限だが最大限に考え込まれたシンセサイザーによるアレンジは、フレーズ一つ一つに生命が宿っているかのよう。
9.PILED HIGHER DEEPER (遠藤遼一 / 藤井麻輝)
THE MAD CAPSULE MARKETSのCRA¥(現TAKESHI UEDA)(ベース)、ISHIG∀KI(ギター)が参加している本曲は、まさにインダストリアル。ENGAGING UNIVERSEから急変化する展開だけれど、相反する楽曲でも違和感なし。ソフトバレエってホント、不思議な奴らですね。
因みにゲスト二人を招いた相乗効果ですが…あんまり感じませんでした(苦笑)。
10.GENE SETS (藤井麻輝 / 藤井麻輝)
6分超えのインスト曲(一部セリフ入り)。
11.MARBLE (遠藤遼一 / 森岡賢)
ダークな雰囲気だったので、森岡氏による作曲だとは思いませんでした。挿入されているジャジーなピアノと間奏のトランペットが素敵です。歌詞も良いですね。

個人的にはこのアルバム、ソフトバレエの中で一番好きな作品です。
youtubeにUPされているENGAGING UNIVERSEのPVはこちら

| SOFT BALLET | 14:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SOFT BALLET(ソフトバレエ)/ MILLION MIRRORS

MILLION MIRRORS MILLION MIRRORS
SOFT BALLET (1992/10/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今回紹介するのは、SOFT BALLET(ソフトバレエ)が1992年に発表したアルバム『MILLION MIRRORS』です。

1.FRACTAL
2.WHOLE THE WHOLE
3.A SHEPHERD'S SON
4.VIETNAM
5.INSTINCT?
6.HYSTERIA
7.FAIRY TALE
8.MEDDLER
9.THRESHOLD (YELLOW-MIX)
10.THRESHOLD (WHITE-MIX)


ビクター移籍第1弾にあたる本作ですが、これまでの作風とは明らかに違います。メジャーシーンででこんなものが発売されてしまうとは…ソフバ最高!
SOFT BALLET(ソフトバレエ)がこれ以前で構築してきたポップな面を一切廃し、ひたすらにマニアックを追求した作りとなっており、遠藤遼一のヴォーカルは歌っていると云うよりは寧ろ呟いている・呪いをかけているかの様で、不気味。まさにジャケットの写真から受けるイメージ通りにダークサイドへまっしぐら。
森岡賢が作曲作曲した#3.A SHEPHERD'S SONは面白くて、ムード歌謡の様なアレンジをもの凄くダークな音で構築している。遠藤氏のヴォーカルも不気味な程に低空飛行。
#4.VIETNAMは問題作。全体的には映画のサントラのような雰囲気だ。赤ん坊の泣き声に始まり、藤井麻輝色全開のインダストリアルな世界。
そこに遠藤遼一の加工された低音ヴォイスが絡んできて、我々はただただ圧倒されてしまいます。
間奏の美しいオーケストラを遮断するように挿入されるヘリコプターの音と短い歌詞は、とても切ない。
その後の曲#5.INSTINCT?はイントロからホッと安心できる、いつもの森岡調(笑)。
ニューウェイヴ(NEW WAVE)な#6.HYSTERIA
#7.FAIRY TALEは個人的にも大好きな曲で、美しく儚い歌詞と幻想的で綺麗なアレンジが施されている。
#8.MEDDLERには“BUCK-TICK”のギタリスト、今井寿が参加している。
#9.10の楽曲“THRESHOLD”はミックス違い(黄・白)が2ヴァージョン収録されており、黄色はインダストリアル色、白はテクノ・ダンス色に染め上げられている。

アルバム全体としては、遠藤氏のヴォーカルがこれまでと違って音色的な位置づけで配置されているので、賛否が分かれるのも納得。
しかし、このリスナーに一切媚びていない作品が持つ破壊力は絶大である。“口ずさみやすさ”や“共感”等という安易な言葉に支配された日本の音楽シーンに、巨大な一石を投じている。
ENDS Official Site

| SOFT BALLET | 12:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。