| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葛城哲哉 / MACHINE HIP ~KG-4~

MACHINE HIP ~KG-4~MACHINE HIP ~KG-4~
(1995/11/01)
葛城哲哉

商品詳細を見る

今回レビューするのは、葛城哲哉のソロ名義通算4作目の作品『MACHINE HIP ~KG-4~』1995年の作品です。

1. D.T.A.
2. バッド・ブレイク
3. キル・ミー,タッチ・ミー
4. ラヴ・マシーン
5. 気ままな人生
6. 言い出せなくて
7. おせっかい
8. ワン・ロスト,トゥー・ファウンド
9. プライド
10. ヴォイス・オブ・ヘヴン


本作を始めて再生してまず思ったのは、
「おや、今回は今までと違ってシンセがないぞ?」
…そう、本作はこれまでの作品のように、小室哲哉(TM NETWORKや浅倉大介)繋がりで引きずってきたテイストは影を潜めて、葛城哲哉本来のハードロックを前面に押し出した作品に仕上がりました。TM NETWORKで彼のことを知って、彼のサウンドにはまって付いてきたリスナーに、ハードロックの洗礼って塩梅でしょうか?(笑)まさにふるいに掛けられた気分。
いつも通り…いや、いつも以上に暴れまくるギターは勿論のこと、ワイルド且つ野性的なヴォーカルにも磨きが掛かっていますね。#2.バッド・ブレイクのギターなんかは、かな~りノリノリで聴けます。#9.プライドは一転してアコースティックなナンバーが心に染みます。
葛城哲哉の公式ブログはこちら

スポンサーサイト

| - 葛城哲哉 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葛城哲哉 / TRIPLE KOLLABORATION~KG-3~

TRIPLE KOLLABORATION~KG-3~ TRIPLE KOLLABORATION~KG-3~
葛城哲哉 (1994/11/23)
BMGビクター
この商品の詳細を見る

1994年の作品。
葛城哲哉の3rdアルバムとなる本作には、豪華ゲスト(小室哲哉,土橋安騎夫,西平彰)が参加をし、全七曲とは云えどもバラエティに富んだ楽曲たちが収録されている。

1. サーチン
2. コンフィデンス
3. ストレンジャー
4. ホライズン
5. ミステイク
6. プロミス
7. マウンテン


小室哲哉が作詞・作曲そして編曲を務めた華やかな楽曲#1(シングルとしてリリースされている)に始まり、土橋安騎夫による#2も魅力的。その他の楽曲は葛城氏本人によるもので、アレンジは西平彰が担当している。
ほぼ全てにおいて“ROCKMAN”のエフェクターを使用し、いつも通りのギター・サウンドを聴くことができる。
ヴォーカルはこれまでどおり男臭いのだが、アレンジはこれまでに比べて打ち込み感が強調されているようだ。僕個人としてはちょっと違和感があったのだけれど…どうせ此処までやるのなら、浅倉大介に1~2曲作って欲しかったなぁと云うのが本音。ラストの曲#7.マウンテンはかなりロック色が強く、葛城氏のヴォーカルが一際活き活きしているように感じるぞ。全部これ系でも良かったかもな~。
葛城哲哉の公式ブログ(マメに更新・機材情報もアリ)はこちら

| - 葛城哲哉 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葛城哲哉 / AS YOU LIKE ~KG-2~

AS YOU LIKE ~KG-2~ AS YOU LIKE ~KG-2~
葛城哲哉 (1994/03/24)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る

TMN(TM NETWORK)や宇都宮隆、渡辺美里、黒田倫弘のサポート・ギタリストとしてお馴染み葛城哲哉の2ndアルバム。
彼の代名詞ともなっているワウ+ROCKMANサウンドを心ゆくまで堪能できる一枚。

1. リヴィン・イン・ザ・シティ
2. シェイディ・アイズ
3. 愛してることがあたりまえになるほど
4. フローズン・ローゼス
5. サムバディズ・ウェイティング・フォー・ユー~デディケイテッド・トゥ・10th・アニヴァーサリー
6. その気になれない
7. トゥルー・カラーズ
8. ソロ~ギタリストを撃つな!
9. プレジャー・ゾーン
10. ×××


本人によるヴォーカルは、基本的に男らしくて骨太であるが、時折聴くことができる甘いトーンがまた素敵です。
ハードロックの影響を感じるギターは勿論素晴らしい。デジタルなサウンドを土台にした楽曲が多いけれど、このギターによって、デジタル臭さを上手に中和している。

井上秋緒が作詞を担当した#1.LIVIN'IN THE CITYは特に秀逸。男の哀愁を感じることが出来る一曲だ。#3.愛してることがあたりまえになるほどの作曲を木根尚登が担当しており、実に彼らしい素敵なバラードに仕上がっている。その他に特筆すべき楽曲は、男らしいハードロック・ソングの#4. フローズン・ローゼスだろうか。男らしさを惜しげもなく詰め込んだ楽曲で、ワウペダル+ROCKMANのエフェクター(XPRを使っているらしい)による演奏も心ゆくまで堪能できる。
まさに本家BOSTONと並ぶ程にROCKMANを使い倒している一枚であるので、ハードロックが好きで邦楽に抵抗のないギタリストには、特にお勧めしたい。

| - 葛城哲哉 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。