| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

eyelush(アイラッシュ)/ e.s.s.e

e.s.s.e.e.s.s.e.
(1997/03/31)
eyelush

商品詳細を見る


秋葉伸実(vo,g,program&sampler)と大竹正和(syn&program,cho)の2人から成るテクノ・ポップ・ユニット。フェイヴァリット・アーティストにデヴィッド・シルヴィアン、トムベイリー、クラフトワークなどを挙げている。でもってアナログシンセを用いたサウンド、と来れば80年代ニューロマンティック~ニューウェイヴ~テクノ・サウンド。大まかに分けて、いわゆるYMOチルドレンの範疇に入ると思われるが、なぜか年齢が公表されてないので今のところテクノ原体験年齢などは不明。
80年代のUKモノの影響を受けた自身のサウンドを、彼らは"ニュー・テクノティック・ポップ"と呼んでいる。これは懐かしいけどちゃんと同時代性も持ち合わせた音である、という――このユニットのアイデンティティを提示する呼び名でもあるのだろう。
インストもあるが、主に唄モノ。切ないメロと秋葉のやや甘めのヴォーカルが特徴的だ。96年に『Bavaraois』、97年に『e.s.s.e.』、99年に『Apple Minds』をリリース。いずれもミニ・アルバム。
以上Listen Japanより引用


今回レビューするのはeyelush(アイラッシュ)が1997年に発表したミニアルバム『e.s.s.e』です。

1 脳走
上記説明文にあるように80年代テクノを感じさせるアレンジだが、コテコテ感は90年代J-POPのそれであると云えよう。しかしながらアナログ・シンセサイザーを駆使したサウンドには懐かしさを覚える。クセのあるヴォーカルに馴染めるかどうかがカギかも。
2 1000th Venus
ポップでスピード感のある曲。ヴォーカルが一曲目を上回る程にクセを全面に押し出していて、駄目な人はダメだろうな(笑)。個人的判断で敢えて形容すると、
「石野卓球が河村隆一のモノマネをしている感じ」
サビの部分で流れるコミカルなシンセリフや、レトロな気恥ずかしささえ覚えるオケヒ(オーケストラ・ヒット)の連発を楽しみつつ、シンセ・リードの間奏に酔いしれる…まさにシンセ尽くしの一曲。
本人達も頑張ったと見えて、この曲はアルバムの中でも抜群のクオリティを誇っていると思います。
3 Domino Of Noise
ミニアルバムなのにインストとはなんとも(笑)。
4 未遂
懐かしいテクノ・ポップといった感じ。ピコピコサウンド満載だが、アナログ・シンセサイザーが主体となっているようなのでなかなかバカに出来ませんね。
5 r.s.q
チープだけど楽しい曲ですね。YMOチルドレンというカテゴライズは意味不明だけれど、サウンドの部分部分で『確かになぁ~』と思う箇所有り。
ただ、この辺りでヴォーカルの歌い方をウザく感じてきました(笑)。
6 融雪
松岡英明にも通ずる部分を感じるシンセ・バラード。
本人達かは謎ですが、youtubeにこんな動画がありました

スポンサーサイト

| その他邦楽 | 19:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千年COMETS / Timeless Garden

Timeless GardenTimeless Garden
(1987/02/01)
千年COMETS

商品詳細を見る

今回レビューするのは、1987年にデビューしたバンド、千年COMETSの1stアルバム『Timeless Garden』です。

1.Silent Rain
2.SCORPIO
3.ACCESS IN ACCESS
4.Fascista
5.Lonely Dancer
6.傷-I’m gonna’ break you
7.黄昏のJazz
8.LUNACY
9.檻の中のカタルシス
10.Lost City


千年COMETSのメンバー構成は以下。
Vo.高鍋千年
Gt.長井ちえ
Ba.川上シゲ 
Kb.海老芳弘
Dr.CHAPPY

GRASS VALLEY(グラスバレー)に似た雰囲気を持っている様な日本のバンドを探していた時期がありました。
その頃に当時仲の良かったCD屋の店員さんから薦められたのが、このバンド“千年COMETS”。
#3.ACCESS IN ACCESSは全体的にニューロマ・テイストを感じて大満足。同じくロマンティックな歌詞とアレンジがなされた#5.Lonely Dancerには、布袋寅泰がゲスト参加しております。

全体的にメロディーの雰囲気がムード歌謡?んで若干ニューウェイヴ的アレンジ?って感じで、割と面白いバンドだと思います。
あ、因みにこのアルバムには、布袋寅泰さんの他にも豪華ゲストが参加しておりますよ。
いまみちともたか・花田裕之・春日博文・溝口肇(敬称略)。

本来求めていた感じとはちょっと違うんだけど…
CD屋の店員さんがそんなに間違っていなかったことを証明する為に。
youtubeにある千年COMETSの動画はこちら

| その他邦楽 | 11:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

及川光博 / 嘘とロマン

嘘とロマン 嘘とロマン
花椿蘭丸、櫻田実果子 他 (1998/02/25)
EMIミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

先日、中古CD店の百円コーナーに置かれていた本作を何気なく購入してみましたが…結構良いよコレ!得した!

今回紹介するのは、ドラマやバラエティでも才能を発揮している、及川光博のセカンド・アルバム『嘘とロマン(1998年)』です。

1. 発信音のあとに
2. 三日月姫
3. その術を僕は知らない〔G〕
4. 忘れてしまいたい
5. 君がいなくても
6. 発信音のあとに
7. 彼と彼女のこと
8. フィアンセになりたい
9. 発信音のあとに
10. ワンダフル入浴
11. ペンフレンド
12. 発信音のあとに
13. 悲しみロケット2号’
14. 展望デッキ~夜間飛行


#2. 三日月姫は飛び切りファンキーで、岡村靖幸的な世界観。#8.フィアンセになりたいは発売当時、結構テレビで見た気がします。癖のある声質と見事にマッチした名曲。。#13.悲しみロケット2号はノリの良い曲で、思わず口ずさみたくなるサビが良い。

個性のある人が曲を作ると、こんなにも創造的で優れたものが出来るんですねぇ。テレビのまんまの妖しい魅力と世界観は、本当に素晴らしい。
僕は及川光博さんに関する予備知識って殆ど無いに等しいのですが、この人は誰に音楽的影響を受けて音楽活動を始めたのでしょうかね?是非ともJ-POPの流れなんかに乗らず、これからも個性溢れる楽曲を発表し続けて頂きたい!

因みに、本作のジャケットを始めて見た時、ヴィジュアル系の人だと勘違いしちゃいました(笑)。それが理由で購入したんですが、得したな~。
youtubeで“フィアンセになりたい”のPVが見られます

| その他邦楽 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。