| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)/ Country Life

Country LifeCountry Life
(2000/03/14)
Roxy Music

商品詳細を見る

今回レビューするのは、ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)が1974年に発表した4枚目のアルバム『Country Life』です。

1. Thrill of It All
2. Three and Nine
3. All I Want Is You
4. Out of the Blue
5. If It Takes All Night
6. Bitter Sweet
7. Triptych
8. Casanova
9. Really Good Time
10. Prairie Rose


ジャケットの過激さから、各国では規制が掛かったという曰く付きの一作です。
#1から飛ばしてますね。ゴージャスなグラム・サウンドの中、ブライアン・フェリーが活き活きと躍動しています。
アメリカン・カントリー・ミュージック的なアプローチもフェリーの声と合っていて、明るく聴きやすく、よい感じで枯れた雰囲気で、しっかりと纏まりのあるアルバムとなっています。
エディ・ジョブソンのヴァイオリンも秀逸。

スポンサーサイト

| Roxy Music | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)/ Stranded

StrandedStranded
(2000/02/25)
Roxy Music

商品詳細を見る


今回紹介するのは、ROXY MUSICが1973年に発表した3rdアルバム『Stranded』です。

1. Street Life
2. Just Like You
3. Amazona
4. Psalm
5. Serenade
6. Song for Europe
7. Mother of Pearl
8. Sunset


だぁ~!前作『For Your Pleasure』で、ブライアン・イーノが脱退してしまった!不安いっぱいのサードアルバムですよ。
…と、思ったら、イーノ脱退もなんのその。案外聴けちゃう作品です。なんだか張り切ってないか?ブライアン・フェリー!1. Street Lifeからいきなり、活き活きしちゃってますよ(笑)。
サウンド的にはイーノが抜けて独特さが薄れたようにも感じますが、エディ・ジョブソン(Kb,Violin)の加入によって、ブライアン・フェリーの美学を見事に装飾しております。2. Just Like Youはしっとりとした大人の色気を醸しだしちゃっているし、3. Amazonaはユニークな間奏を満喫できるし、。4. Psalmはのフェリーは渋柿よりシブいし。
アルバムが後半に差し掛かっても相変わらず渋味全開だし、一部デヴィッド・ボウイみたいな作品があったりと、捨て曲無しで楽しめます。

う~ん、個性がぶつかり合うのも良いけれど、ブライアン・フェリーをしきりに担ぎ上げたような本作…
大好きです。

| Roxy Music | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)/For Your Pleasure

For Your PleasureFor Your Pleasure
(1989/10/20)
Roxy Music

商品詳細を見る

今回紹介するのは、ブライアン・フェリー率いるROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)が1973年に発表した2ndアルバム“For Your Pleasure”です。

1. Do the Strand
2. Beauty Queen
3. Strictly Confidential
4. Editions of You
5. In Every Dream Home a Heartache
6. Bogus Man
7. Grey Lagoons
8. For Your Pleasure


一聴してまず思うのは、1stアルバムの頃と比べるとバンドとして纏まりが出てきたなぁ~と云うことですかね。この頃はグラムロックが下火となりつつあったようで、彼らも新しい道を模索していたようです。
#1.Do the Strandはアヴァンギャルドな楽曲ですが、その後は暫く落ち着いたナンバーが続きます…が、#3.Strictly Confidentialなんかはブライアン・イーノが例の環境音楽的なギター・アプローチを試みており、アンビエントな雰囲気漂う構成です(まだシンプルすぎるけど)。
その後も前作を踏襲しつつも、新たな試みが見られる。
が、しか~し!今作でブライアン・イーノがいったんロキシー・ミュージックを去ってしまうこととなります…はやっ!
ともあれ、黎明期のロキシー・ミュージックは色気有り、ロック色有り、アヴァンギャルドさ満載です。一度は聴いてみる価値アリですね。

| Roxy Music | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。