| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)/ GOLD

Gold: The Best of Spandau Ballet Gold: The Best of Spandau Ballet
Spandau Ballet (2001/01/23)
EMI
この商品の詳細を見る

Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)は英国で結成されたバンドで、初期のニューロマ系統から次第にブルーアイドソウル(白人がやるソウル)へとシフトしていきました。イギリスでは割と売れていたようですが、アメリカだと一発屋の印象があるようですね。

※今回紹介するアルバム“GOLD”は、ベスト・アルバムです。

1. Gold
2. True
3. Only When You Leave
4. Lifeline
5. Communication
6. Instinction
7. Chant No. 1 (I Don't Need This Pressure On)
8. To Cut a Long Story Short
9. Freeze
10. Musclebound
11. Paint Me Down
12. Raw
13. Round and Round
14. Highly Strung
15. Fight for Ourselves
16. I'll Fly for You
17. Be Free With Your Love
18. Through the Barricades


初めて聴いた時に、
「わ!なんか、ダッセ!」
と思ってしまいました。スミマセン…
スパンダー・バレエに関しては、このアルバム一枚のレビューでお仕舞いにしたいです(笑)。
このバンドの印象は、方々で既に言われているとおり、垢抜けない感じなんですよ。ホントにその通り。
なのに、レコード会社が“都会的な~”とか、“洗練された~”なんて嘘くさいキャッチ・フレーズの宣伝文句で紹介するのを見ると、
「あたま大丈夫?」
と思ってしまいます…
いや、歌は上手いし、メロディーは綺麗なんですけどね。とってつけたようなアレンジ(しかも、雑)だとか、どうしても付きまとう何となくダサい感じは、うまく形容しがたいですねぇ…

#1. Goldや#2. True(ダサいけど)だとか、全盛期の徳永英明みたいなアレンジの#3.Only When You Leaveは割とマシで、中盤~後半のダサいけどダンサブルな楽曲も一回聴く位なら大丈夫(大丈夫って何)。
しっかし、18曲は多いですよ。疲れます。
“田舎の郷土料理詰め合わせセットを無理矢理食べさせられた様な気分”になれます。
僕は一生涯、このバンドの事を知らないフリをして生きてゆくつもりです。

Amazonで楽曲の試聴ができます

スポンサーサイト

| Spandau Ballet | 11:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。