| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Michael Kiske(マイケル・キスク)/ Instant Clarity(インスタント・クラリティ)

インスタント・クラリティ インスタント・クラリティ
マイケル・キスク (1996/08/17)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今回は、ジャーマン・メタルの代名詞とも云うべき存在のバンド、“Helloween(ハロウィン)の黄金時代を支えたヴォーカリスト“マイケル・キスク”のソロアルバム“インスタント・クラリティ”を紹介します。

1. Be True to Yourself
2. The Calling
3. Somebody Somewhere
4. Burned Out
5. New Horizons
6. Hunted
7. Always
8. Thanx a Lot!
9. Time's Passing By
10. So Sick
11. Do I Remember a Life?


本作は、ハロウィンを脱退(実質上は解雇かな)したマイケル・キスクが1996年、三年間の沈黙後にリリースした1stアルバムです。持ち味であるハイトーンのヴォーカルは健在なのですが、メタル感は薄れてしまっていて、聴きやすいハードロックのような感じでちょっと残念でした。
でも、#2.The Calling#5.New Horizonsは充分メタルしていますし、自殺したハロウィンの元ドラマー“インゴ・シュヴィヒテンバーグ”に捧げた#7.Alwaysでは、とても優しい歌声を聞くことができます。他の曲はあんまりかなぁ…勿論、歌は上手いんだけど。
因みに、Helloween~Gamma Ray(ガンマ・レイ)のカイ・ハンセンやIRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のエイドリアン・スミスがゲストとして参加しています。
The Official Michael Kiske Websiteはこちら

スポンサーサイト

| メタル全般 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dark Tranquility(ダークトランキュリティ)/ PROJECTOR

PROJECTOR PROJECTOR
ダーク・トランキュリティ (1999/06/21)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る

今回紹介するのは、Dark Tranquility(ダークトランキュリティ)が1999年に発表した4thアルバム“PROJECTOR”です。
Dark Tranquility(ダークトランキュリティ)は、スウェーデン出身のメロディック・デスメタルバンドで、IN FLAMESやARCH ENEMYと共に、黎明期のメロディック・デスを大いに盛り上げた存在です。

1. フリー・カード
2. ゼアー・イン
3. アンドゥ・コントロール
4. オークションド
5. トゥ・ア・ビター・ホールト
6. ザ・サン・ファイアード・ブランクス
7. ネザー・ノヴァス
8. デイ・トゥ・エンド
9. ドーベル・マン
10. オン・ユア・タイム


本作の制作前に、Vo.を務めるミカエル・スタンネが喉を痛め、「世界一美しいデスヴォイス」と賞賛されたデス声をほぼ封印。キーボードの比重を高め、スピードを捨て去ってゴシック的雰囲気に傾倒した為、多くのファンを失望させた一枚…
で・す・が!
ミカエル&純粋なファンには申し訳ないけど、ゴシックメタル好きな人間とってはこの作品、たいへん素晴らしいと感じるかもしれませんよ。
#1. フリー・カードのイントロで美しく幻想的なピアノの旋律が流れた途端、鳥肌が立ちました。きっとParadise Lost好きにもたまらんピアノでしょう。
そして#3. アンドゥ・コントロールでは、Lacuna Coil(ラクーナ・コイル)系の女性ヴォーカルと掛け合いをしたりと、曲のヴァリエーションにも富んでいます。
確かに前作までのスピードは犠牲になりましたが、分厚い雲のように重々しく、耽美で荘厳な雰囲気を見事に構築することに成功した作品ではないでしょうか。
デス声ではないミカエルの声も悲哀に充ち満ちていて、メランコリックな良さが充分に出ているのではないでしょうか。
ゴシックメタルのファンって、意外と他のカテゴリに属したメタルは聴かないぞ!って人もいると思うのですが、これは良い入り口になるかもしれませんよ。
DARK TRANQUILLITYの公式サイトはこちら

| メタル全般 | 19:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Staind(ステインド)/ Break the Cycle

ブレイク・ザ・サイクル ブレイク・ザ・サイクル
ステインド (2001/05/16)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る

今回は、リンプ・ビズキット(Limp Bizkit)のヴォーカル、フレッド・ダーストに才能を見出されたアメリカの4人組“Staind(ステインド)”の2ndアルバム“Break the Cycle”を紹介します。

もう一昔前にもなっちゃいますか…リンプ・ビズキット(Limp Bizkit)がデビューした時は話題騒然でしたね。Kornやスリップ・ノット、Linkin Park(リンキン・パーク)等が続々デビューしてきて、ヘヴィーロックだニューメタルだと呼ばれていたあのジャンル。現在だとモダン・ヘヴィネスなんて呼び方で定着されたのかな?
このStaind(ステインド)もまた、あの流れの中の一つですね。そもそもがリンプのフレッド・ダーストに見出されたバンドなのですから、いわずもがなでしょう。

1. オープン・ユア・アイズ
2. プレッシャー
3. フェイド
4. イッツ・ビーン・アワイル
5. チェンジ
6. キャント・ビリーヴ
7. エピフォニー
8. サファー
9. セイフ・プレイス
10. フォー・ユー
11. アウトサイド
12. ウェイスト
13. テイク・イット
14. アウト・サイド(フィーチャリング・フレッド・ダースト)


それまでのアメリカン・ロックって、メロディー面では欧州や英国のロックに一歩も二歩も及ばない…ってなイメージがありました。
しかし、ここ最近はだいぶ追いついてきた感じはしますね。
このバンドの特徴もまた、メロディーです。Nickelback(ニッケルバック)リンキンパークの様に、『ヘヴィーなギター&ビート+ラップ』という形式ではなく、『ヘヴィーなギター&ビート+きちんとしたメロディー』を乗せた形式のバンドです。
まぁ、名前を挙げたバンドから比べると地味というか、あんまり話題には上らないんですがね。
正直、モダン・ヘヴィネスは食傷気味なのですが、このアルバムの飽きさせない配慮の効いたトータル・バランスと、ヴォーカルのアーロン・ルイスのツボを押さえたヴォーカルは結構好きです。

因みにこのバンドったら、現在はバラード・テイストの曲がメインになってしまっておるので、些か残念です。
昨年あたりにベストアルバムが出ていたので、興味のある方はそれから聴いてみると良いかもしれませんね。
オフィシャルサイトはこちら

| メタル全般 | 00:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。