| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BUCK-TICK / TABOO

TABOO TABOO
BUCK-TICK (1989/01/18)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

1989年にリリースされたBUCK-TICKの3rdアルバム。CDラジカセのCMで
「重低音がバクチクする」
と、謎のキャッチフレーズを付けられた#10.JUST ONE MORE KISSが収録されている。
因みに本作は、BUCK-TICK初の海外レコーディング(確か、ロンドン)作品である。

1.ICONOCLASM
2.TOKYO
3.SEX FOR YOU
4.EMBRYO
5."J"
6.FEAST OF DEMORALIZATION
7.ANGELIC CONVERSATION
8.SILENT NIGHT
9.TABOO
10.JUST ONE MORE KISS


えーと、まずですね、どうしても言いたいことが…
「これ、わざわざ海外で録音する必要ある?」
ってことです。かなりヒドイ。ってか、前作とほぼ一緒です…予算の無駄遣いだろこれ。
アルバムの印象としては単調な演奏と稚拙な歌詞の楽曲が並んでいる感じがしてしまった。これ以前の作品には面白さを感じたのだが、このアルバムは結構酷いぞ。当時定価で購入していたら卒倒しているかもしれん。そのくらいヒドイ。
聴くに値するのはCMソングとなった、#10.JUST ONE MORE KISSのみかな。
因みに重低音はスッカスカで、ちっともバクチクしていません。

ただ、本作では単なるJ-POPの枠組みからの脱却を試みているのかな?と思える点があり、若干の聞きづらさがあるのはそのせいもあるかも。#10.JUST ONE MORE KISSが一番最後なのも、その決意かなぁと思ったりしちゃいますね。
ポップなアイドルバンドのイメージを壊すべく、ダークな雰囲気を構築したかった気持ちは判るのですが、雰囲気作りや演奏の面では、まだ少し早い決断だったようにも思えます。

上記のようにスカスカな音、イモっぽい稚拙な歌詞、下手な演奏&素人カラオケレベルの歌がかな~り酷くて、15年前でも酷評されていたことに納得できちゃう一枚である。
しかし、このバンドの凄いところは、毎回貪欲なまでに変化・進化を求めて邁進しているところ。一向に嫌いになれないのであります。

スポンサーサイト

| BUCK-TICK | 21:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUCK-TICK / SEVENTH HEAVEN

SEVENTH HEAVEN SEVENTH HEAVEN
BUCK-TICK (1988/06/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

本作(SEVENTH HEAVEN)は、ミニアルバムの“ROMANESQUE”を挟んでリリースされた、BUCK-TICKのメジャー第二弾となるオリジナル・アルバムです。
まだSOFT BALLET(ソフトバレエ)を結成する前の森岡賢が、キーボードで参加している。

1. FRAGILE ARTICLE
メルヘンチックな短い曲。
2. ...IN HEAVEN...
良作だが、やはりBOØWYのテイストがプンプンする。だがしかし、以降のヴィジュアル系が模倣する一つの完成系であることは確かだ。
3. CAPSULE TEARS - PLASTIC SYNDROME III -
スコットランドの民族音楽を感じる部分(前奏や間奏)は面白いが、それ以外の部分は微妙。
4. CASTLE IN THE AIR
変貌を遂げた中期以降のBUCK-TICKに通ずるテイストを感じることが出来る佳作。
5. ORIENTAL LOVE STORY
『殺シノ調ベ』ではアップテンポにリアレンジされた曲。
残念ながら、スローテンポなバラードは歌唱力が伴わないとキツイっす…
6. PHYSICAL NEUROSE
パンクなナンバー。垢抜けない歌詞がなんとも。
7. DESPERATE GIRL
-
8. VICTIMS OF LOVE
官能的で怪しいイメージの曲。ベースラインが強烈なまでに退屈。
9. MEMORIES....
いつも通りな感じ。
10. SEVENTH HEAVEN
笑ってしまう程爽やかでポップなナンバー。ギターの音が遠いなぁ。
脈絡のないエンディングが無駄に壮大で良い(笑)。

ベストアルバム『殺しの調べ』には、このアルバムからの曲が多く収録されることとなるのだが、彼らが気に入っているのと同時に、もしかしたらアレンジや歌唱に不満があったのでは無いだろうか?と勘ぐってしまう作品。
それから、この頃~最新のアルバムまで持ち続けている個人的な感想だが、このバンドの単純なベースラインには、強烈なまでに退屈且つ不満を感じている。今後BUCK-TICKのレビューを行う度に、この点への不満が付きまとうこととなるだろうが、どうかご容赦を。

| BUCK-TICK | 20:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BUCK-TICK / HURRY UP MODE

HURRY UP MODE HURRY UP MODE
BUCK-TICK (1990/02/08)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

BUCK-TICKは、櫻井敦司(Vo)、今井寿(Gt)、星野英彦(Gt)、樋口豊(Bs)
ヤガミトール(Ds)による五人組のバンド。
本作は、87年に太陽レコードから発売された1stのリミックス盤(オリジナルCDのボーナス・トラック2曲はカット)。

1. プロローグ
2. プラスティック・シンドローム2
3. ハリー・アップ・モード
4. テレフォン・マーダー
5. フライ・ハイ
6. ワン・ナイト・バレエ
7. ムーン・ライト
8. フォー・デンジャラス・キッズ
9. ロマネスク
10. シークレット・リアクション
11. ステイ・ゴールド


僕がBUCK-TICKを聞くようになったのは、恐らく『SEXY STREAM LINER』辺りからだったと記憶しております。今回BUCK-TICKのレビューを始めるあたって、それよりも過去の作品を聞いてみようと思い、先日中古で購入してきた次第であります。

…うぉお、若い!(笑)歌や演奏はお世辞にも上手いは言えず、音もスカスカではありますが、若々しさというか勢いを感じますね。そしてそう云ったモノの中に、今のBUCK-TICKに通ずるようなマニアックさが垣間見えます。櫻井敦司のヴォーカルにはまだまだ不慣れさを感じてしまいますが、今井寿の創り出す世界はこの頃から光ってますねぇ。
#3.ハリー・アップ・モードなんかは特に。#4.テレフォン・マーダーなんかも“暗黒グループサウンズ”みたいな感じで素敵じゃないですか。

もっともっとBOØWY(ボウイ)っぽいのかと思って長い間敬遠していたけれど、当時からちゃんと聞いておけば良かったな~。

しっかし、このスカスカ具合を聞いて、ついついLUNA SEA(ルナシー)の1stアルバムを思い出してしまったぞ。今のインディーズって、こと音質に関してはプロと遜色無いように思うけど、この時代のインディーズバンドは、そっちの面では相当苦労しただろうなぁ。

| BUCK-TICK | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。