| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GRASS VALLEY(グラス・バレー)/ 白い旋律

白い旋律 白い旋律
GRASS VALLEY (1992/07/01)
KRE
この商品の詳細を見る

GRASS VALLEYの解散を記念して発売されたベストアルバム。

1. フリージン
2. シンディ
3. ムーン・ヴォイス
4. オール・オブ・バレン・ソウル
5. 輝くほとりに
6. スタイル
7. ボート
8. 星の棲む川
9. 星のジョーカー
10. アイデンティティ・クライシス
11. マイ・ラヴァー
12. 瓦礫の詩人
13. ハッピネス
14. ルードなキスをルーズにしたい
15. イーチ・オブ・ライフ


ベストアルバムってモノは、そのアーティストの代表曲を集めたアルバム(たま~に、全然ベストじゃない曲を集めた場合:売れた一曲+ゴミムシみたいな駄曲集)でありますが、グラスバレーにはちょっとそぐわない気がしますねぇ。
代表曲といっても、グラスバレー(特にSTYLE以前)の曲ってあんまりシングル・アルバムの区別が無いように思えるし、アルバムそれぞれに色が違いすぎるし…って、だからベストアルバムの曲順も、アルバムの年表通りに並んでいるのかな…

う~ん、ってことで…
「取り敢えず時系列順で、色んな感じの曲を集めました。でもそれだけじゃ怒られるから#6.スタイルはライブバージョンを入れてあげました!さぁ買いましょう!」
みたいなイメージを持ってしまってねぇ。

この選曲だと、元々のファンは走馬燈のような感じで懐古出来るので良いとして、間違っても、
「GRASS VALLEYってどんなバンドかなー?」
みたいな方が買うのには向いていない。
それならば寧ろ、他のオリジナルアルバム(1st~3rd)のどれかを一枚買ってみた方が良いと思うね。

第一、星の棲む川なんて素晴らしい曲を、ベストなんかで先に聴いちゃ勿体ないよ。

スポンサーサイト

| GRASS VALLEY | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GRASS VALLEY(グラス・バレー)/ at GRASS VALLEY

At.グラスバレー At.グラスバレー
GRASS VALLEY (1991/11/01)
KRE
この商品の詳細を見る

GRASS VALLEY通算6枚目のアルバム。最後のオリジナル・アルバムです。

1. ウィ・キャン・ドゥ
サウンドが、
「え?何処がグラスバレー?」
と云いたくなる程に激変している。
全面的にパワフルさを押し出して、出口雅之のシャウトも冴え渡っていて、分かり易いストレートなロック・サウンドです。
全然グラスバレーっぽくなくて、当初は暫し困惑してしまいましたが、コレはコレで良い曲ですよ。
2. ルードなキスをルーズにしたい
これもグラスバレーのイメージとは違いますねぇ。敢えて云うと、ロゴス~出口雅之ソロ辺りの雰囲気というか。
聴いていると心地よいんですが、全然グラスバレーじゃないじゃない。って感じ。間奏なんか本当にアメリカン・ロックみたいで…
3. ハッピネス
グラスバレーmeets普通の良い曲(笑)。って感じですかねぇ。
歌詞もメロディーも素晴らしく、個人的にはSTYLEの頃を思い出します。
4. ワン・チャンス
ノリの良い曲ですねぇ。もう出口雅之の声には、グラスバレーの面影はなく、全く別の歌い方にシフトしてますね。昔の歌い方も良かったけれど、このパワフルな歌い方も似合っています。
5. フラワー・フラワー
フツーのロックだ(笑)。っていうとロック・ファンは怒るだろうか。
ライブ映えしそうな曲ですね。
6. 漂流者
このアルバムは全体的にですが、シンセサイザーの役割が、完全にロック・キーボード本田風みたいな位置づけになっていてちょっと不満。
この曲は幾らかマシでしょうか。
もしも予備知識無しに聴いたとしたら、普通に気にいることが出来たと思いますが、昔のグラスバレーとの差に終始困惑してしまいます。
7. 虹のある街
前作“瓦礫の街”に収録されていた“瓦礫の詩人”の様な雰囲気ですね。サビのコードは小室哲哉調ですが(笑)。
しっかし、タイトルの「虹のある街」って光景が浮かんできます。歌詞と曲とが見事にシンクロしています。
8. スカイ・スクラッパー
この曲はメリハリが効いていて、格好良さではこのアルバムのNo.1ですかね。出口雅之のヴォーカル・スタイルも、アルバム前半のような感じではなく、昔に近い感じ。
アルバム全体を通して、シンセサイザーの音量が小さくなった代わりに、ギターが前に出てきているんですが、正直複雑です。
や、このミックスがベストなんだけどね、ロックとしては本当に格好いいし。
9. ラヴ・タッチ
また最後の方に妙~な曲を持ってきたもんです(笑)。全然好みじゃないけど…
10. イーチ・オブ・ライフ
さて、GRASS VALLEYの最後を飾る曲です。
ファンの一人である僕ですら、彼らの楽曲には色々な思い出がありました。GRASS VALLEYのメンバーには、それぞれの思いがあったことでしょう。
最後はしっとりと、大切なGRASS VALLEYを静かに包んで、メンバーは別々の道を歩き始めました。

またいつか再結成して、新曲をどんどん発表して欲しいけれど、現在までに発表されている楽曲には、まだまだ飽きそうもありません。

ん?まだベスト・アルバムの紹介が残っている…
…そのうち!(笑)

| GRASS VALLEY | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GRASS VALLEY / ハッピネス

ハピネス ハピネス
グラス・ヴァレー (1991/08/23)
KRE
この商品の詳細を見る

ドラムの上領亘が脱退した後に発表されたミニ・アルバム。
曲数を考えると、現在で云うところのマキシシングルだろうか。

1. ハッピネス
2. D2
3. マニュアル・ピープル


#1.ハッピネスはこの後に発売されるアルバムにも収録されているので、そちらで語ることにします。
やはり、上領氏の脱退が大きく響いていることを感じざるを得ません。
「最新の絵の具を使って今までと同じつもりで描いているけれど、どこか彩りに乏しい」
そんな印象です。以前のような絶妙の混ぜ具合は、もう感じ取る事が出来ませんでした。

同じように見せようとする擬態の様に感じてしまい、グラスバレーとしての曲と云うより、プロデューサーである土橋安騎夫の色が目立つ気がしてしまいます。
残念ながら、この人がプロデュースすることには違和感がありますね。確かに基本となる部分では共通点がありますが、このミニアルバムを聴いて、次回作への期待が薄れてしまいました。

ただ、ハッピネスの歌詞は良いですね。これも次回のレビューで詳しく。

買ってから殆ど聴くこともなく、CDラックの片隅に置いたままになっております。

貴重なGRASS VALLEYのジャケットは、出口雅之氏の公式ページで見ることができます。
D-SYSTEM GRASS VALLEYのDISCOGRAPHY

| GRASS VALLEY | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。