| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今月の一曲:

オリジナル・サウンドトラック ラブソングができるまでオリジナル・サウンドトラック ラブソングができるまで
(2007/04/25)
サントラ、ヒュー・グラント&ヘイリー・ベネット 他

商品詳細を見る

今月(って久々過ぎだけど)の一曲は、ヒュー・グラント主演の映画“ラブソングができるまで”から、「PoP! Goes My Heart」を紹介。
まさにこのサイトにはうってつけの、80年代風のチープなサウンド&クリップです。
http://youtu.be/xVkU8dDSC9w(動画の埋め込みが許可されていないのでこちらからご覧アレ)
なんというかこう、しょぼくてメチャクチャなビデオクリップが最高!
ヒュー・グラントの成り切り具合と、笑ってしまうほど上手い歌には脱帽です。このクリップ自体も、DURAN DURANを参考にしているらしいですよ。
映画の中ではWHAM!を丸パクリしたような曲(過去のヒット曲ってことで披露されている)もあり、楽しめる内容です。いやこの曲、テンション上がります。

スポンサーサイト

| 今月の一曲 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今月の一曲:高橋幸宏&スティーヴ・ジャンセン / STAY CLOSE

STAY CLOSESTAY CLOSE
(1991/08/21)
高橋幸宏スティーブ・ジャンセン

商品詳細を見る


思えば全然毎月更新じゃなくなったこのコーナー…うーん(苦笑)。
さて、今月の一曲は、高橋幸宏とスティーヴ・ジャンセンのコラボ楽曲、
“STAY CLOSE”です。
皆様ご存知の通り、スティーヴは元JAPANのドラマーにしてデヴィッド・シルヴィアンの実弟でもあります。

【※動画挿入位置~一定期間が経過したので動画リンクを削除しました】

いや~いい!格好いい楽曲じゃないですか。でもでも、笑いの要素満載なPVでもあります。
昭和初期風の世界観になぜか馴染んじゃうスティーヴ・ジャンセン、良いですね。
矢口博康のサックスも素敵だし、スティーヴ・ジャンセンもかなり歌えるじゃん!

今日は大雨で少し憂鬱な気分だったので、このダンサブルなナンバーを聞いて心を上向かせようっと。

| 今月の一曲 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今月の一曲:中森明菜 / マリオネット

今月の一曲のコーナーです。
今月ご紹介するのは1986年の作品で、“中森明菜”の『マリオネット』です。

この曲が収録されているアルバム『不思議』は、そのタイトルが示すとおりの不思議さ…を通り越して問題作!
アイドルがこんなアルバム出して良いのだろうか!?と思えるような仕上がり。全編を通して強烈なリヴァーブがかけられており、中森明菜の声を探すのに必死になります(苦笑)。声が遠い遠い。歌詞カードを追っていかないと、何を歌っているか分かりません。
本アルバムはプログレッシブ・ロックバンドのEUROXがサウンドを手がけており、とても重厚です。また、陰鬱で儚さ漂うゴシックな世界観も存分に堪能できます。
声が遠いと書きましたけど…これが中森明菜じゃなかったら、ただの誤魔化しにしかならなかったのではと思います。彼女の歌唱力があったから、この作品が問題作となりえたのでしょう。

※このアルバムに関する詳しい解説は、当ブログと相互リンクをしてくださっているTECHNOLOGY POPS π3.14さんの記事が秀逸です。

それでは、中森明菜の動きとヴァイオリンが素晴らしい、ライブ・ヴァージョンの『マリオネット』をどうぞ。
流石にライブ、かなり聞きやすくなってます(笑)。

【※動画挿入位置~一定期間が経過したので動画リンクを削除しました】

| 今月の一曲 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。