2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽器:シンセサイザー / YAMAHA TG55

もじゅーる

1989年にYAMAHAより発売された、1Uラックの音源モジュール(画像一番上)TG55です。
音源モジュールというのは、シンセサイザーの鍵盤部分を取り除いたものとお考え下さい。
このTG55は、SY55というシンセサイザーの鍵盤無しモデルにあたり、SYシリーズの第一号機として発売されました。

それまでのYAMAHAはあの有名なFM音源が主流でしたが、この機種あたりからAWM(PCM)の波形を搭載して、よりリアルなサウンドを目指すようになりました。
このTG55はAWM音源オンリーですが、他の機種(TG77等)にはFM音源も搭載されております。

現代においては、このシンセサイザーから出る音はチープとしか表現できませんが、割と硬質で音の抜けも良く、一昔~二昔っぽい曲を作りたい時などには重宝しております。
でも、これ一台で完結させようと思うと、現代では流石に難しいですね。
なので、敢えてチープさが活きるようなアレンジで鳴らすようにしておりますが、これは結構効果的です。

中古価格だと5000円~8000円位で、手に入れやすい部類ですね。
WikipediaによるTGシリーズの解説はこちら

スポンサーサイト

| 楽器/機材:Syn | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Silent Cry(サイレント・クライ) / Goddess of Tears

ブラジルのゴシックメタル・バンド、Silent Cryの3rdアルバムです。

silentcry

1. Desire of dreams 5:35
2. Last visions 4:53
3. Tears of serenity 3:25
4. Eclipse 4:36
5. Crying violins 5:09
6. Illusions of perfection 6:11
7. The end of the innocence 3:41
8. Good-bye in the silence 4:26


ブラジルのゴシックメタルってどんなのだろ?と思って購入してみたのですが、透明感のある女性Voと悲哀にみちた男性Voの掛け合い+荘厳なシンセサイザーによる演奏と、結構基本に忠実な雰囲気。

随所に顔を出す泣きまくりのギターと、激しいツーバスを刻むドラムが面白く、欧州産ゴシックメタルと比べても遜色がない。
情熱的でエモーショナルなサウンドメイクが素晴らしく、楽曲を盛大に盛り上げている。

ただ、ひたすらに深く処理されたリバーブにはちょっと辟易してしまったが…
あと、ちょっとシンセの音色(ストリングス系統)が、シンセシンセし過ぎていたことが残念でした。
海外のレビューサイト(?)に、ディスコグラフィーがありました。

| ゴシックメタル | 18:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

My Dying Bride(マイ・ダイイング・ブライド)/ Like Gods of the Sun

Like Gods of the Sun Like Gods of the Sun
My Dying Bride (1997/01/21)
Peaceville
この商品の詳細を見る

イギリスのバンド“My Dying Bride”4thアルバムです。ゴシック・メタルの醍醐味とも云える陰鬱な雰囲気を、見事に醸し出しております。

1. Like Gods of the Sun
2. Dark Caress
3. Grace Unhearing
4. Kiss to Remember
5. All Swept Away
6. For You
7. It Will Come
8. Here in the Throat
9. For My Fallen Angel
10. It Will Come (Nightmare)


重厚且つ陰鬱なフレーズが目白押し。
ヴァイオリンをフィーチャーした楽曲は、泣き所を上手く押さえていて秀逸。ギターの重さも密度も良いです。
ANATHEMAとPARADISE LOST、そしてこのMy Dying Brideはゴシック・メタルの基本だと思いますが、気怠さの演出においではMy Dying Brideが一番かと。
1stの頃と比べると基盤が出来て、その安定感に沿った楽曲作りをしているが故のアヴァンギャルドさの喪失(ある種の平坦さ)感じがしますが、この重厚なギター・艶のある低音ヴォイス・泣きのヴァイオリンが奏でる三重奏は、敢えて悪い夢を見たい時(無い無い!)には欠かせないアルバムです。

因みに、ヴァイオリンを披露してくれていたMartin Powellは、このアルバムを最後にMy Dying Brideを脱退し、CRADLE OF FILTHに移籍してしまいました。

Amazonにて一部の楽曲が試聴できます

| ゴシックメタル | 13:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。