2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出口雅之 / EGOIST

EGOIST EGOIST
出口雅之 (1997/03/21)
ファンハウス
この商品の詳細を見る

今回は、GRASS VALLEY(グラスバレー)~REV(レフ)を経た出口雅之が、前作『SPEED OF LIFE』に続いてソロ名義で発表したオリジナル・アルバム『EGOIST』を紹介します。
前作の『SPEED OF LIFE』は出口雅之のテイストに溢れてはいるものの、ややありがちな展開やアレンジ(や、凄くPOPだからアッチの方が良いって人も多いかもしれないけど)で今ひとつだった印象ですが、今作はフルートや無国籍風の国感(どんなだよ!)を取り入れ、その後のプロジェクト“スーサイド・スポーツ・カー”に続いて行くようなスパイ&ディスコ風味もタップリと味わえる名盤に仕上がっています。
また、歌詞も凄く良いので、未だにヘヴィー・ローテーションしております。個人的には1stより断然こっちだな。

1. エゴイスト No.9(インストゥルメンタル)
アルバムのオープニングを飾るのは、お洒落なスパイ映画のサントラっぽいインスト曲。
フルートとブラスの音が絡み合って、ワクワク感が増します。
2. 奇跡の風
シングル曲。初めて聴いた時にはピンと来なかったのだけれど、なかなか渋い曲だ。ワウ・ギターのカッティングとブラス、そして滑るようなフルートとオルガンでたたみ掛けるような間奏が素敵だ。
3. マシンガン
力の抜けたヴォーカルが新鮮。なんだかフリッパーズ・ギターみたいな曲だなぁ。
アレンジがシンプルで、出口雅之のこの歌い方にピッタリだ。
4. COOOL
タイトル通り、クールな曲と歌詞。こういうキザで格好付けマン的な歌詞を書かせたら、出口雅之は天才ですね。
5. あの男を追え(インストゥルメンタル)
これまたスパイ映画風のインスト曲…なんだと思うんだけど、なんだか物凄く時代劇っぽくもある(笑)。
6. リヴァー
出口雅之の甘く低い声から始まる曲。後半に向けて熱唱系の歌い方になって行きますが、これもまた良し。
7. バード
イントロからフルートが大活躍。生ドラム系の打ち込みドラムだが、スネアがちょっとウザイ。でもサビが良いので気にしません。
A~Bメロのエフェクト処理された出口氏の声が効果的にサビへ向けて曲を盛り上げております。
8. カー・アクション~エゴイスト No.9(インストゥルメンタル)
映画のワンシーンのようなインスト曲。
9. 7~セヴン
イントロのアレンジとベースラインからして、モロにGRASS VALLEY(グラスバレー)テイストだ。
このイントロを初めて聴いた時、自分でも怖ろしい程にテンションが上がってしまった。そして間奏もまたGRASS VALLEY(グラスバレー)ってか、David Sylvian(デヴィッド・シルヴィアン)のJAPAN風。もう、感無量です。
10. ヴェルヴェット・ウィズ・ブルー
個人的には出口雅之の曲でなければ聴きたくない、古き良きアメリカ調(?)の曲。
11. 我が青春のフェニックス
「ダッセータイトルだな!」
と思ってしまったが、これってリバー・フェニックスに捧げる歌なのかも?
メロディー、アレンジ共に申し分ない。何度も聞きたくなってしまう。
12. プレジャー・ソング
曲調やヴォーカルのエフェクト処理なんかを聴くと、ソロ名義での1stアルバム『SPEED OF LIFE』に近いかも。
13. グッド・ナイト
スローな3拍子。まさに大人の男って感じで、ダンディーな曲。

GRASS VALLEYは別格として、REV(レフ)~個人名義の1stアルバムと比較すると、格段に完成度の高い作品に仕上がっていると思う。捨て曲が無いのと、安っぽいPOPさを感じないことが要因だろうか。
敢えて一つだけ難点を云うと、殆どの楽曲・殆どの部分で、左右にコーラスがこれでもかと挿入されており、ヘッドホンで聴くと疲れます(苦笑)。

僕はこのアルバムを一生聴き続けるつもりでいる。誰しもお気に入りのアルバムが何枚も存在すると思うが、僕にとってこのアルバムは、間違いなくその中の一枚だ。
出口雅之のオフィシャルサイトはこちら

スポンサーサイト

| - 出口雅之 | 22:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J / PYROMANIA

PYROMANIA PYROMANIA
J (1997/07/24)
MCAビクター
この商品の詳細を見る

LUNA SEA(ルナシー)のベーシスト“J”が、同バンドの活動休止時期に発表した1stアルバム(1997年)。

1. 1(アイ・ラヴ・ザット!!)
2. パイロマニア
3. バーン・アウト
4. ア・フィット
5. ループ・オン・ブルー
6. ワン・フォー・オール
7. ライ・ライ・ライ
8. アクロス・ザ・ナイト
9. バット・ユー・セッド・アイム・ユージュレス
10. バック・ライン・ビースト
11. シャンパン・ゴールド・スーパー・マーケット
12. ホワッツ・ザッツ・ミーン?
13. ソング・オブ・エターニティ
14. R.I.P.


元CULTのスコット・ギャレットがドラムとして参加しているのだけれど、タイム感がやたらとキッチリしているような…特に序盤に収められている曲に関しては、各所で継ぎ接ぎのような展開の曲が多く、ちょっと残念。
ただ、骨太なロック&パンキッシュなサウンドに乗っかっているJの粗野で乱暴なワイルドそのものを地で行く声(やや非力ですが)は新鮮。
後半に行くに従い、どんどんと邦楽離れ(笑)していってニヤニヤしてしまう。ヴィジュアル系バンド“LUNA SEA”からは想像も付かない程の男臭さ満開の一作。

| - LUNA SEAその他 | 12:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況

雑記を書くのは久しぶりかも。
11月になったらレビューを以前のようなペースで書くといっていたのにも関わらず、この体たらく…いやいや、聴いておくんなまし!
職場の仕事仲間が一人辞めてしまい、本来であれば11月に人員を補填するはずだったのですが、ど~やら人選に手間取っておるようで、だ~れも来ません(笑)。オマケにオフィス全体に風邪が大流行で、ことが上手く進みません(涙)。

後はアレです…ipodの曲を入れ替えたいのですが、その選考(大げさ)&時間が無く、既にレビューを終えた曲しか入ってな~い。
仕方がないので通勤中はもっぱら読書ですよ(苦笑)。せめて本のレビューだけでも書こうかな…

TM NETWORKとかLUNA SEAとか、時間を割かねばならぬアルバムに差し掛かっていて時間が必要でして、CAROLとかMOTHERとか時間のないままいい加減に書いちゃったら怒られそうで(笑)。

いつも書き込みをくれる皆さんとの交流は大事にしたいので、ナントカします。皆さんも年末に向けてお忙しいとは思いますが、今後とも宜しくお願いします!

| 雑記/音楽情報 | 21:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。