2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英国ゴシック・メタルの元祖、パラダイス・ロストからドラマーのジェフ・シンガーが脱退

英国ゴシック・メタルの元祖と謳われるパラダイス・ロストから、ドラマーのジェフ・
シンガーが脱退したことが明らかとなった。これにより、11月に予定されていた南米
ツアーは中止が決定した。
 バンドのオフィシャルサイトに発表されたジェフのステイトメントによると、彼は音楽
業界に幻滅を感じ、また、その業界で生き残るために多大なる犠牲を払わなければ
ならない生活に疲れてしまったことから、今回の決断に至ったようだ。1歳と3歳の
息子を持つ父親として、家庭とバンドの両立は非常に難しいものだったと明かしている。
なお、苦しい胸の内とともに、これまで支えてくれた関係者やファンへの感謝の気持ちも
述べられている。


ソース:bounce.com
http://www.bounce.com/news/daily.php/15530
パラダイス・ロスト公式サイト
http://www.paradiselost.co.uk/

スポンサーサイト

| 雑記/音楽情報 | 18:43 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Bauhaus(バウハウス)/ In the Flat Field

In the Flat FieldIn the Flat Field
(1998/07/07)
Bauhaus

商品詳細を見る

今回紹介するのは、Bauhaus(バウハウス)の1stアルバム『In the Flat Field』です。
因みに本作は、1979年に発売されたオリジナル盤にシングルを追加したものです。

1. Dark Entries
2. Double Dare
3. In the Flat Field
4. God in an Alcove
5. Dive
6. Spy in the Cab
7. Small Talk Stinks
8. St. Vitus Dance
9. Stigmata Martyr
10. Nerves
11. Telegram Sam
12. Rosegarden Funeral of Sores
13. Terror Couple Kill Colonel
14. Scopes
15. God in an Alcove
16. Crowds
17. Terror Couple Kill Colonel [Remix]


オリジナル盤と違って一曲目が”Double Dare”じゃ無いってことで不満爆発ですが(笑)、Bauhaus(バウハウス)の怪しくて頽廃的且つ耽美な世界を満喫できる一枚。ジャケットからして期待感を煽りますなぁ。
ケビン・ハスキンス(Kevin Haskins) が構築する独特なドラム・パターン(特にタム廻し)の上を、ダニエル・アッシュ(Daniel Ash)のギターとピーター・マーフィー(Peter Murphy)が好き勝手に動き回っております…って書くと纏まりが無さそうに思われるけど、とんでも無く格好いい。聴く人選ぶけど、うん。

#1.Dark Entries#2.Double Dare、ライブでお馴染みの#3.In the Flat Fieldの流れはバウハウス初心者にも聞きやすい流れかと。
それ以降の楽曲は聴き手を選ぶかも知れませんが、B級感タップリなので楽しくてたまりません。
#11.Telegram SamはT.REXのカヴァー。ちょっと普通に演奏しすぎなんじゃねえの?(笑)

余談だけど、ピーター・マーフィーって写真で見るとドラキュラなんだけども、ライブの映像だと江頭2:50にみえるんだよなぁ…

| Bauhaus | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。