PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Matt Bianco(マット・ビアンコ) / World Go Round

ワールド・ゴー・ラウンド ~スパニッシュ・ヴァージョン ワールド・ゴー・ラウンド ~スパニッシュ・ヴァージョン
マット・ビアンコ (1998/08/26)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

英国のポップスグループMatt Bianco(マット・ビアンコ)7枚目のアルバムです。僕はスパニッシュバージョン(5曲がスペイン語のヴァージョン)を購入してみました。

1. サンシャイン・デイ
実は、この曲をラジオで聴いて購入を決めたのですが、間奏のスパニッシュなギターや語り、印象的なブラスのリフ。耳に残るメロディー等、全てが心地よい。
2. パッション・ヒターナ
ラテンフレーバー満載の曲。セクシーな歌声と心地よいスパニッシュギター。打ち込みのドラムなのにグルーヴィーなのはどうしてだろう。女性コーラスも情熱的。
3. ジプシー・レディ
情熱100%オーヴァーなフラメンコギターと女性コーラスで始まる曲。でもメロディーはディスコ風だったりして、一筋縄ではいかなそうな曲。ラテン&ジャジーなピアノが素敵。
4. リヴァー・オブ・ドリームス
JAZZ/BOSSA調の曲。
5. アルカザール
セクシーでお洒落な曲だなぁ。
が、しかし、高音で鳴くゴン太くんみたいなウホウホとした音がバックに入っているからか、あまり好きな曲じゃない(笑)。
6. キャラヴァン
セクシーな女性ヴォーカルで始まる曲。クレイジーケンバンドみたいだなぁ。非常にカッコイイ。
7. ユー・メイク・マイ・ワールド・ゴー・ラウンド
サックス、ギター、エレピのインスト。ベースと打ち込みのドラムがちょっと退屈かもしれんけど、良いところにインストを持ってきた感じで、いつもなんとなく聴いてしまう。
8. ヴェンガ
出口雅之がソロ第2弾"EGOIST"で、この曲を密かにパクってる。スパイ&ディスコ調。手拍子によるリズムも気持ちよくて、トリップしてしまいそうになる。
9. アルトザノ
郷ひろみに歌って欲しくなる程、暑苦しくて情熱的。
10. フラメンコ・ナイツ
ディスコ調。タイトルに反して全然フラメンコっぽく無いのは何故だろう。

やー、マット・ビアンコって何となくミーハー臭(スマン)が漂うんで遠慮してたんだけど、こりゃ良いですよ。“ファンク・ラテン・サルサ・ボサノバ・ジャズ・フラメンコ・ハウス”みたいな“一緒くた感(無国籍風)”を上手に格好良く纏めちゃってるんだけど、全然ちゃっちくない。
流行ったからか、中古だと安いし(捨て値?)、まったく文句なしです。
関連記事

| その他洋楽 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/117-a2921428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。