PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉 / Digitalian is eating breakfast

Digitalian is eating breakfast Digitalian is eating breakfast
小室哲哉 (1989/12/09)
ERJ
この商品の詳細を見る

1989年に発売された、TM Networkのキーボーディストである小室哲哉の1stヴォーカルデビュー・アルバム。
熱心な女性ファンを驚愕させた超音波のような歌声と、メイン・ヴォーカルではなく、楽器隊出身であることを全く感じさせないニューウェイヴがかった“独特すぎる歌い回し”を堪能できる名盤(迷盤?)であります。
僕ですか?物凄く好きですよ。この声。

1. DIGITALIAN
オープニングを飾るのはこのインストなのですが、まさにデジタル・ミュージックの代名詞とも云える雰囲気。アルバムへの期待感を高めてくれます。
2. SHOUT
細かいピアノのフレーズと、DURAN DURANにも在籍したウォーレン・ククルロによるギターのイントロを経て、小室哲哉の奇っ怪な歌声が!人間の基本となるべき周波数がまるで無くて、機械のような音域で発せられているような気が…
いや…この声、僕は物凄く好みなんですわ(笑)。元々TM NETWORKでも薄くコーラスを入れてたでしょ?あの頃から、メインで歌って欲しいなぁ~と思っていたので、大喜びでした。
細かくて心地の良い譜割りで綴られるメロディーと、爽やかな雰囲気で良い曲です。
確かこれ、本人も出演したオーザック(ポテトチップ?)のCMに使われていたんでしたっけ?「今度のポテトは音が良い」とかって言ってた気がします。なんのこっちゃ。
3. OPERA NIGHT
コレは元々、TM NETWORKで使われる予定で作られたものだったようです(そのヴァージョンは解散発表後に発売されたアルバムに“OPEN YOUR HEART”というタイトルで収録)。
ENSONIQのVFXが元になっているシンセ・ブラス(実際はシンクラヴィアで一度サンプリングしていじっているのかも)が心地よい。DX7によるシンセ・ベースの硬質な感じと見事にマッチしています。
サビへの期待感が持てる魅惑的なBメロや、小室みつ子による歌詞も良いですね。
ギターを担当しているのは現在B'zで活躍中の松本孝弘です。
4. I WANT YOU BACK
リオのカーニバルをテーマにした曲です。この曲って当時、東京パフォーマンスドールと云う女性アイドル集団も歌っていた記憶があります。歌詞やオケの感じは違ったけど。そっちのタイトルは忘れてしまいましたなぁ。アイドル・グループ『CoCo』の“春・ミルキーウエイ”という曲が、この曲と同じ物ですが、歌詞やアレンジは違っております(コメントにて教えてくれたかわさんありがとう!修正しさせていただきました!)。
ギターはOPERA NIGHTと同じく、B'zの松本孝弘が担当しております。
コードがほぼまんま、TMのGET WILDなのはご愛敬(笑)。所謂定番の小室コードって奴ですな。
しかしこれ、いつ聴いてもセンチメンタリズムを掻き立てる様なメロディーです。
5. GRAVITY OF LOVE
ハワード・ジョーンズのEVERLASTING LOVEを上手にインスパイア(笑)している名曲です。
小室氏本人による歌詞は、異国のモノだとか宇宙や星空をモチーフにしたフレーズなどが多いようですが、これはツボだなぁ。僕はあまり、歌詞にメッセージ性の有るモノは好きではないので、こういう歌詞は歓迎です。
6. HURRAY FOR WORKING LOVERS
ユーモアを感じる、コミカルな雰囲気を持った曲です。
随所に、これはちょっと軟弱過ぎるなぁ~と思う節はあるのですがねぇ。
連続的なシーケンス・フレーズが心地よいです。
7. NEVER CRY FOR ME
映画、『天と地と』に提供したテーマソングに近い雰囲気です。音もそんな感じで、和風テイストです。
8. WINTER DANCE
インスト。後半に差し掛かる毎に、心地よさの増す曲です。
9. RUNNING TO HORIZON
テレビアニメ『City Hunter』のテーマに使われた曲です。この曲はワイルドなテイストを持った曲なので、これは宇都宮隆の方が合いそうだなぁと感じました。
AメロなんかはTMのシングル曲“DIVE INTO YOUR BODY”と同じようなコード進行ですが…
10. CHRISTMAS CHORUS
この人のねちっこい歌唱法ってホント、ニューロマ要素があるね(笑)。どうやらこの曲って、当時の交際相手(嫁?)の為に作ったようですが、まぁ、良いんじゃないでしょうか。そういうパワーも曲作りには必要ですから…

この作品は未だに愛聴しております。本当によく聴いてる。でも全然飽きない。なんでだろ?一番多感な時期に聞き込んでいたからかなぁ?
僕はこのアルバムを聴いて、シンセサイザーを始めようと思ったんです。それに、このアルバムを聴いて、小室氏の声と歌い方が大好きになっちゃって、こうやって歌うモンだと勘違…まぁそこはイイやもう(笑)。
きっと皆さんにも、そういう思い入れのあるアルバムがあるんでしょうね。
みんな歳を取ると、若い頃に影響を受けたアーティストを口に出すのが恥ずかしくなったりするらしいけど、僕は堂々と云いますよ!

…小声で!
関連記事

| - 小室哲哉 | 07:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

I WANT YOU BACKの

カバーは東京パフォーマンスドールではなくCoCoの「春・ミルキーウエイ」です。

| かわ | 2009/08/28 22:55 | URL | ≫ EDIT

Re: I WANT YOU BACKの

> カバーは東京パフォーマンスドールではなくCoCoの「春・ミルキーウエイ」です。

かわさん>>
訂正感謝です!ありがとう!懐かしくてyoutubeに魅入ってしまいました。
『突然磁気嵐よ~』
文字通り突然な磁気嵐…じゃなくって曲展開でにやにやしてしまいました。

| JUN | 2009/08/29 02:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/123-1f5991f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。