PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇都宮隆 / Butterfly

Butterfly Butterfly
宇都宮隆 (1993/02/21)
ERJ
この商品の詳細を見る

TM NETWORK(もうこの頃はTMNか…)のヴォーカリスト、宇都宮隆が1993年に発表したソロ・デビューアルバム。

1. トラブル・イン・ヘヴン
当時、「ロック・ロックンロールがやりたい」と本人が発言していたけれど、この曲のアレンジは見事にそれを体現している感じがします。ただし、宇都宮隆の声質が如何せんポップス畑の住人であるので、若干の違和感があります。
2. イノセント・ブルー
なんとも掴み所の無い曲。ラップ調?のAメロを受け入れられるかどうかが鍵になりそうですが、TM NETWORKとは全く違う雰囲気なので、新しい可能性としては◎でしょうね。
3. ダンス・ダンス・ダンス
出たコレ!(笑)懐かしいです。ジャッキー・チェンと後藤久美子が主演した、実写版シティ・ハンターの主題歌です。当時の一般的な『ポップでキャッチーな楽曲』としての到達点として見事な出来です。ロック・アレンジがこれでもかと施されているので、今この時代に聴いても殆ど違和感がありませんね。
4. パラダイス・ロスト
透明感のあるエレピ系の音色に、宇都宮隆の“抜けの悪いこんもりとした美声”が混ざり込んでいます。彼の声って基本的にはデジタル・サウンドとの相性は最悪なのではないかと思うのですが、TM NETWORKのヴォーカリストとして定着していましたので、殆どの人は違和感なく聴けることでしょう。
5. 1994
僕は休憩したくなる曲ですが(笑)、爽やかなサビの曲です。
6. ホットハウス・フルート
演奏陣は楽しめそうな楽曲ですね。早口で細かい譜割りのメロディーですが、サビ寸前の展開が古臭くて良いですね(笑)。
7. サヨナラ
歌うのが難しそうなメロディー。ミディアムテンポの曲。
8. 君が見えなくなった日
重苦しい曲ですね。嫌いじゃないけど、結構疲れる感じ。
9. ただ過ぎ行くために
この後に発表されるアルバムにも、この雰囲気の曲が必ず入りますね。ソロ活動の定番とも云える展開です。
10. バタフライ
コレは迷曲にして名曲。当時としては最先端処理(今でも通じますが)を駆使した曲展開。小気味よいカッティング・ギターとサンプリングしたパーツの切り貼りで、ミステリアスにしてダンサブルな曲を創り上げましたねぇ。作曲・編曲を担当したCHOKKAKUさんって凄いですね。僕はこのアルバムではダントツでこの曲が好きです。

最後に。
CDジャケットのアー写ですが…細い。今と大違いだ…

| - 宇都宮隆 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/134-cc8b3104

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。