PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Bryan Ferry(ブライアン・フェリー)/ Bte Noire

B醇Ste Noire B醇Ste Noire
Bryan Ferry (1990/10/25)
Virgin
この商品の詳細を見る

1987年に発表されたBryan Ferry(ブライアン・フェリー)の通算7枚目にあたるオリジナル・アルバム。
フェリーの歌声が相変わらずの色気を振りまく、完成度の高い一枚。

1. Limbo
前回のアルバム“Boys And Girls”に、更なる磨きを掛けた色気を感じた曲。サウンドの軸は打ち込みだが、有機的な雰囲気を感じる一曲。ベースラインがひたすらに心地よさを演出している。
2. Kiss and Tell
タイプライターを打つ音?から始まる曲…時代を感じますね。
もはやブライアン・フェリーの代名詞ともなった色気溢れるファルセットを駆使し、メロディーラインを美しく装飾している。ってか、この時代にこの音圧というか絶妙なミックス(音の広がりとか低域とか)って凄いですわ。驚愕。
3. New Town
友人に聞かせたら、吉川晃司っぽい声!って言われてしまいました。いや、鋭いね(笑)。吉川さんもきっと影響を受けているんじゃないかねぇ、本当に。
4. Day and Night
ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)から一貫して、丁寧に構築された楽曲と演奏ですが、この曲は更に磨きが掛けられていると感じます。たいへん温かみのある音と声です。
5. Zamba
手法としては後の(現在の)デヴィッド・シルヴィアンにと共通するような、アンビエントな雰囲気の中で幽玄に歌うといった感じです。
この曲を聴くと、スピーカーから色気たっぷりなオッサンが溢れだしてきます(嫌だ)。
6. Right Stuff
ディスコチックでダンサブルな楽曲。
7. Seven Deadly Sins
この曲はフェリーにしてはアップテンポでストレートな部類かな。もうちょっとフックがあった方が…と文句を付けてしまうのも、フェリーに対しての期待感でしょうか。
8. Name of the Game
「もうすぐ終わるぞー!」って感じをこれでもかと醸し出す一曲です。
9. Bete Noir
とてもノスタルジックな曲。ヴァイオリン(ヴィオラ?)と絡み合うフェリーの歌声が素晴らしい。
Amazonにて一部の楽曲が試聴できます
関連記事

| - Bryan Ferry | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/138-24a49083

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。