PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BUCK-TICK / HURRY UP MODE

HURRY UP MODE HURRY UP MODE
BUCK-TICK (1990/02/08)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

BUCK-TICKは、櫻井敦司(Vo)、今井寿(Gt)、星野英彦(Gt)、樋口豊(Bs)
ヤガミトール(Ds)による五人組のバンド。
本作は、87年に太陽レコードから発売された1stのリミックス盤(オリジナルCDのボーナス・トラック2曲はカット)。

1. プロローグ
2. プラスティック・シンドローム2
3. ハリー・アップ・モード
4. テレフォン・マーダー
5. フライ・ハイ
6. ワン・ナイト・バレエ
7. ムーン・ライト
8. フォー・デンジャラス・キッズ
9. ロマネスク
10. シークレット・リアクション
11. ステイ・ゴールド


僕がBUCK-TICKを聞くようになったのは、恐らく『SEXY STREAM LINER』辺りからだったと記憶しております。今回BUCK-TICKのレビューを始めるあたって、それよりも過去の作品を聞いてみようと思い、先日中古で購入してきた次第であります。

…うぉお、若い!(笑)歌や演奏はお世辞にも上手いは言えず、音もスカスカではありますが、若々しさというか勢いを感じますね。そしてそう云ったモノの中に、今のBUCK-TICKに通ずるようなマニアックさが垣間見えます。櫻井敦司のヴォーカルにはまだまだ不慣れさを感じてしまいますが、今井寿の創り出す世界はこの頃から光ってますねぇ。
#3.ハリー・アップ・モードなんかは特に。#4.テレフォン・マーダーなんかも“暗黒グループサウンズ”みたいな感じで素敵じゃないですか。

もっともっとBOØWY(ボウイ)っぽいのかと思って長い間敬遠していたけれど、当時からちゃんと聞いておけば良かったな~。

しっかし、このスカスカ具合を聞いて、ついついLUNA SEA(ルナシー)の1stアルバムを思い出してしまったぞ。今のインディーズって、こと音質に関してはプロと遜色無いように思うけど、この時代のインディーズバンドは、そっちの面では相当苦労しただろうなぁ。
関連記事

| BUCK-TICK | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BUCK-TICKのレヴュー来ましたね^^
1stから独自の世界観はありますよね。
でも、やっぱりこの当時のミックスは良くないですね。

最近の音楽業界って機材もよくなったけどミックス
を手がけるエンジニアの技術が格段に進歩したと思います。

やはりB-Tにハマったのはあのアルバムからでしたか。
インパクトがあり、存在感のあるアルバムでしたね。
ツアーの武道館のDVDがカッコ良かったです!

| SANE | 2007/08/01 00:50 | URL | ≫ EDIT

SANEさんこんばんは。
ほんと、最近のミックスは凄いですね~。
当時はSEXY STREAM~のミックス、驚きましたよ。
このアルバムは音楽に対しての情熱みたいなもんを感じるので気に入ってしまいました。楽しい気分になります!

| JUN | 2007/08/02 18:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/139-79dbaaa3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。