PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坂本龍一 / 千のナイフ

千のナイフ 千のナイフ
坂本龍一 (1994/11/21)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の坂本龍一が、1978年に発表した1stアルバム。細野春臣の他、魅惑的なギターを弾く渡辺香津美や山下達郎(カスタネット)が参加している。

1. サウザンド・ナイブズ
2. アイランド・オブ・ウッズ
3. グラス・ホッパーズ
4. ノイエ・ジャパニッシェ・エレクトロニッシェ・フォルクスリート
5. プラスティック・バンブー
6. エンド・オブ・アジア


やはり表題曲でもある#1.サウザンド・ナイブズが素晴らしい。シンセサイザーによって構築された“東洋”は、今この時代においても、アジアの妖しさと熱気を十二分に感じさせる。また、この曲で渡辺香津美がギターソロを弾いているのだが、この演奏は素晴らしく、癖になる。
このアルバムの他の曲には、当時流行していたフュージョン的なものを感じる。アルバムのラストを飾る#6.エンド・オブ・アジアもまた、東洋を感じる旋律で、#1と同様に渡辺香津美が素晴らしいギターを披露している。
坂本龍一が感電しないかと心配になるこのアルバムのジャケットだが、何を意図したものなのだろうか。

| - 坂本龍一 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/147-c3a36dd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。