PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cradle Of Filth(クレイドル・オブ・フィルス)/Cruelty And The Beast(鬼女と野獣)

鬼女と野獣 鬼女と野獣
クレイドル・オブ・フィルス (2001/03/23)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今回紹介するのは、イギリスのシンフォニック…ブラックメタルバンド“Cradle Of Filth(クレイドル・オブ・フィルス)”が1988年に発表したコンセプトアルバム“Cruelty And The Beast(鬼女と野獣)”です。

1. 残虐非道な物語
2. エリザベス,不吉な13の秋
3. 鬼女の蘭
4. 吠える星の下に
5. 恐怖の女神
6. 暴虐の序曲
7. 信仰の歪んだ釘
8. バソリー夫人のアリア:凶運の闇~烏殺しのフーガ~狂気を見つめる瞳
9. 死せる伯爵夫人の肖像
10. 情欲と争いの誘惑
11. ブラック・メタル
12. 審判の日
13. ソドミー・アンド・ラスト


ブラックメタルって全般的に音が悪い(彼らはそれをウリにしている節もある)ことでお馴染みですが、この音源はマシです。スカスカですけどブラックメタルにしては高音質(笑)。

さて、このクレイドル・オブ・フィルスなんですが、ヨーロッパ・オリエンテッドな悪魔的思想・吸血鬼伝説をコンセプトとして、キーボードによって装飾を施した、暗黒儀式さながらの楽曲を奏でることで有名になりました。
特にヴォーカルのDani Filth(ダニ・フィルス)は、デス声、メタル特有の高音・低音、金切り声を巧みに使い分ける暗黒界のスーパーヴォーカリストであり、ライブでもこれらの声を上手に切り替え、たった独りで再現してしまう程です。

そんな彼らが1988年に発表した、3rdアルバムである本作は物凄い。#2. エリザベス,不吉な13の秋#3. 鬼女の蘭はもの凄い完成度で、光速ドラムにシンフォニック且つ荘厳な音劇場の中、どす黒い色だけを集めた虹のような声を持つ男がひたすら歌っているのです。

先にも申しましたが、録音環境が良くない(他のブラックメタルよりだいぶ良いけど)ってのが逆に良いんですよ。極悪で頽廃的な悪魔集会が如き雰囲気なんてものは、高音質じゃ到底出せませんからね。

当時のドラムはニコラス・ニック・バーカーという人物で、既に脱退してしまいました(現在はディム・ボガー、ベネティクション、ロック・アップ等で活動している模様)が、このハゲのドラムがまた凄い。

極悪な顔をしている彼らですが、まだ人気が出ていない頃に来日したことがります。実はとっても気さくな奴ら(笑)で、開演前には客席に登場してファンと談笑する一面もみせたり…
この時のツアーグッズに変なワッペンがあって、
「うわ、だっせーこんなのイラネーよ!」
と思っていたとある人物は、サインを貰う為にそのダサイワッペンを購入したと云う…

因みにそのダッサイワッペンは、友達に自慢した帰りにどこかへ置き忘れてしまったそうです(やけに詳しいなぁおい)…
Cradle Of Filthの公式サイトはこちら
関連記事

| メタル全般 | 20:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。JUNさんクレイドル聴かれるんですね!
クレイドルはこの系統の中では音質は良いですよね。
このアルバム以降ますます音質は向上したと思います。

ボクはこのアルバムが1番好きです。コンセプト・
アートワーク・ブックレットを考えても1番です!
これは耽美な音楽ですYo。激しいですけど
ゴシックと呼びたくなるムードがありますね。
ブラック特有の残虐性以上にデカダンのような退廃的な
ムードも漂いますね。そして同時にこのアルバムで
感じるのはブリティッシュな音であることです。
舞台になってるのは他のヨーロッパの国ですけどね。

初来日も素晴らしいライブでしたね。

| SANE | 2007/08/15 00:16 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
こんばんは。いや~もうこのバンドは大いに好みです。雰囲気構築に長けているバンドってそれだけでも魅力なのに、演奏力と表現力もあるだなんて…良いですよねぇ。
このアルバムはハンガリー生まれのエリザベート・バートリーモチーフですねぇ。若さを維持する為に612人もの人間を殺したという…
いや~、不謹慎だけど、題材選びが素敵ですわ。
僕もこのアルバムは大好きです。でも音はもっと悪い方がブラックっぽくて良いんだけど、お金を出すからにはいい音で…ねぇ(笑)。

| JUN | 2007/08/15 00:43 | URL | ≫ EDIT

CRADLE OF FILTH!少し前まで大好きでしたよ~。このアルバムあたりまでは本当に聴きまくってました。他の同系統バンドと違って、引き出しが多いのが良いですね。

初来日も行きましたし。あのときは、ホンマモンなブラックメタラーが集結してて怖かったです(笑)。

>極悪で頽廃的な悪魔集会が如き雰囲気なんて
>ものは、高音質じゃ到底出せませんからね。

そう!ローファイな録音のブラックメタルの本質って、まさにこれだと思うんですよ。分かってくれない人は「怠慢」「金ケチってる」としか受け取ってくれないんですけど(汗)。
CRADLEはまだ音質いい方だと思うんですけど、BURZUMとかEMPERORとか、先駆者群の録音も含めた怪しさはたまらない魅力がありました。もっともEMPERORは単にミキシングに失敗してた感じでしたが(笑)。

| Eternal Sttram | 2007/08/15 08:36 | URL | ≫ EDIT

>>Eternal Sttramさん
こんにちは!いや~ほんとにブラックメタルのあの音質、変な云い方ですが極悪なモノ程良いですよね。なんかこう、「どこかの教会を占拠した悪魔の宴をのぞき見る」
様な、無駄に共鳴するリバーブ具合とか、不安さとか、そういう背徳めいた感じが大事だと思いますねぇ。

むむむ、クレイドルのライブ…みんな行ってる気がする(笑)。なにげに我々、大集結してるんじゃないかな。

| JUN | 2007/08/15 16:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/149-3ce5158c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。