PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LUNA SEA(ルナシー)/ LUNA SEA

LUNA SEA LUNA SEA
LUNA SEA (2000/09/13)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

はい、みんな集合(笑)。もしや再結成か!?って噂で持ちきりのLUNA SEAであります。今回はそんなLUNA SEAの記念すべき1stアルバム“LUNA SEA”を紹介したいと思います。

LUNA SEAってゴシックロックやニューウェイヴ、ポジパンやテクノ、クラシックなどから影響を受け…って云うよりいいとこ取りして自分達のモノにして、個性溢れるメンバー達が試行錯誤しつつ創り上げてきたって感じで、我々と同世代の音楽好きなら思わずニヤリとしてしまう要素を感じますね。

1. FATE
この曲は、LUNA SEAとファン(SLAVE)にとってとても意味のある曲ですね。ライブではお馴染みの曲。インディーズ音源ってことで音はスカスカなんですが、とても勢いのある曲です。
2. TIME IS DEAD
デビュー後も演奏され続けていた曲で、インディーズとは思えない完成度です。アップテンポな部分と溜める部分でメリハリが効いていて良いですね。LUNA SEAは歌詞の表記が独特で(歌詞というよりはポエムっぽい)、繰り返し部分だとかここから2番だとか、そういう記載ではないのですが、こういう形式って良いですな。カラオケ用じゃねーぞ!って感じで。
3. SANDY TIME
SUGIZOのギターとヴァイオリンが素敵です。インディーズにして、LUNA SEAのイメージってきちんと出来上がっていたんですね。歌詞がまた耽美なんですわ。なんとなくニューウェイヴを感じる部分もあって、この曲は好みです。
4. BRANCH ROAD
この曲にはBauhaus(バウハウス)辺りの影響を多分に感じますね。
5. SHADE
ワルツの拍子と某ブラックメタルのバンドみたいな高速スカスカドラムがお気に入りです。
6. BLUE TRANSPARENCY 限りなき透明に近いブルー
イントロのギターでもうワクワクし始めちゃいます。RAYLA…いやレイラはまずい…RYUICHIこと河村隆一のヴォーカル!今とは別物ですが、このヴォーカルが良い!
因みにこの頃のRYUICHIは、良くてBauhaus(バウハウス)悪くてDEAD OR ALIVEのピート・バーンズ(本人はDEAD ENDのMORRIEを意識しているようだが)に外見が似ています。多分本人は思い出したくないでしょう。
7. THE SLAIN
このRYUICHIと一時期の河村隆一が同じ人物とは思えない程に声と歌い方が違います。まぁ僕はどっちも好きですが。
この曲は映画の劇中歌っぽいですねぇ。『歌<インスト』だし。
8. CHESS
高速なテンポの曲です。歌うのも叩くのも一苦労。
このレビューを書く前日にブラックメタルを聴いていたので、スカスカな音源でも全く気にならん(笑)。
9. MOON
このアルバム一番の名曲かな~。ギターにディレイを掛けて、幻想的な雰囲気を創り出しています。…創り出していますって簡単に言っちゃいましたが、彼らのアイディアにはいつも脱帽です。
10. PRECIOUS...
LUNA SEAの代表曲。ライブではいつも大盛り上がりです。まぁ、後期はあの怒鳴る部分を歌わなくなってしまったレイラ…じゃなくてリュウイチさん。ちょっと残念だなぁ。
LUNA SEAを語る上で重要なファクター(メロ・ノリ・音etc)が詰まっております。彼らの曲は我々のようなアマチュアがコピーして演奏するだけでも気持ちが良いんです。まさにライブを重要視しているバンドの曲ならではですね。

実は、僕は大学の音楽サークルで、定期的にLUNA SEAをコピーしていたことがあります。その時に担当していたのはヴォーカルだったのですが、多分LUNA SEAはほぼ全曲やったぞ。無理矢理。
関連記事

| LUNA SEA | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

続けてコメントさせていただきます^^
このころはすでにメタルを聴いていたせいか、
スカスカなサウンド・プロダクションに驚きました。
曲の輪郭がわかりづらいのがこの当時のインディーズ
の特徴ですよね。聴き慣れるとわかりますけど。

#9は大好きです。特にライヴではすごくカッコ良い
仕上がりになってますね。

| SANE | 2007/08/15 20:20 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
海外のインディーズと比べても、日本の録音技術ってちょっと遅れていたのかもしれませんねぇ。今では充分追いついているけれど、やれ海外のダレソレが手がけた云々~みたいなのとは、やはりちょっと違うし。
でもこのアルバムのようにそれを補うメンバーの熱気というか、そういったものでも充分カバーできますね。

一応レビューとなると俯瞰視せざるを得ませんが。
MOONはほんと、LUNA SEAそのものって感じで好きです。

| JUN | 2007/08/15 23:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/151-593a0a3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。