PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機材:アンプ・シミュレータ / Line6 POD2.0



一時代を築き上げた感のあるアンプ・シミュレータ、Line6社のPOD2.0です(写真手前)。

コレ一台で有名なアンプの数々を再現できるとあって、アマチュアのみならず一部のプロ・ミュージシャンまでもがこぞって買い漁ったという機材です。
最近は全く使っていませんが、一昔前は重宝していました。綺麗なクリーンからハイゲインな歪みまでカヴァーできるので、かなり使い倒しました。

あくまでもモデリングなので、完全再現とはいきませんけれども、充分な音が出せる機材だと断言できます。
一部で云われておるレイテンシー(音の遅れ)は、ラインの場合だと、殆ど気になりませんでした。アンプに繋いで大音量を出すと、確かに遅れているなぁと~思いましたが、わざわざアンプに繋ぐ必要は無いと思います、はい。
あとは割とハイ落ちするって云うか、籠もりがちになるかも。
それと、このお尻の様なルックスがいただけませんねぇ(笑)。
どうせ今買うのなら、PODxt LiveとかPODxt Proの方が良いかもしれないですね。どれも値段以上の働きはしてくれると思いますよ。

最近はどうやら、AmplitubeだとかGuitar Rigの様なDAW上で動作するアンプ・シミュレータが主流なので、ライブをする予定のないミュージシャンには正直、不必要かと思います。
因みに、AmplitubeとGuitar Rigは両方とも所持しているので、そのうち何か記事にするかもしれません。
LINE6のウェブサイトはこちら
関連記事

| 楽器/機材:Effector | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/153-a77c2dc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。