PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

David Sylvian(デヴィッド・シルヴィアン)/ Gone to Earth

Gone to Earth Gone to Earth
David Sylvian (1992/06/29)
Virgin
この商品の詳細を見る

David Sylvian(デヴィッド・シルヴィアン)が1986年に発表した3ndアルバム。本作には、あのKing Crimson(キング・クリムゾン)のギタリスト“Robert Fripp(ロバート・フリップ)”が参加している。

1. Taking the Veil
2. Laughter and Forgetting
3. Before the Bullfight
4. Gone to Earth
5. Wave
6. River Man
7. Silver Moon
8. The Healing Place
9. Answered Prayers
10. Where the Railroad Meets the Sea
11. The Wooden Cross
12. Home
13. Upon This Earth


前作“Alchemy”は全編インストで構成されていたこともあって、今回もそんな感じかな?と思っていたので、当時はあまり期待せずに購入してみたのだが…本作は、大人のムード溢れる作品だった。
因みにこのアルバムを購入した当時、僕はまだ小学生で、ち~っともわけが判りませんでした。周りからも変なモン聴いてる奴だと云われてたっけ…
雰囲気の構築に関しては、ロバート・フリップのギターによるところが大きいですね。独特の浮遊感とか、幻想的で幽玄な感じが実によく表現されております。
前半が歌入り、後半はインストといった二部構成になっている。因みに後半のインストは評論家連中には軒並み不評だったようで、
「歌を入れる前のカラオケ風デモソング」
みたいに云われていました。う~ん…ま、わからんでもないけど(笑)。
歌モノだと#7.Silver Moonなんかは美しいメロディーとオケが見事にマッチしていて、海が見える公園を散歩しながら聴きたい感じで、丁寧に作られた良い作品だと思う。インストでは“生命誕生~宇宙へ”みたいなよく分からんNHK番組の曲っぽい#11.The Wooden Crossを暫定的な好みとして選んでおきたい。
個人的にはそんなに好きなアルバムではないけれど、ゆったりとしたBGM的なムードを求める方や、入眠向けの音楽をお求めの方々は試す価値ありかもしれない。
Amazonにて楽曲の試聴ができます
関連記事

| - David Sylvian | 18:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ロバート・フリップはKing Crimsonの音楽から想像すると、気難しい印象がありますが、才能のある人に対してはジャンルを問わず関わりを持つ人ですよね。
シルヴィアンとは相性の良さを感じてると思います。

| SANE | 2007/08/29 12:17 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
ロバート・フリップ、プレイスタイルも独特ですねぇ。ずっと椅子に座っているし。でもま、ギターは座った方が正直云って弾きやすい…
この人のギターは相性良さそうですね。一緒に組んじゃった時の作品よりは本作の方が背景に徹したギターで心地よいかも。
シルヴィアンは人見知りっぽいけど、フリップとすぐ仲良くなれたんでしょうかね?祝前日に飲みに行ってハシゴしたり…ああ、想像付かん(笑)

| JUN | 2007/08/29 23:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/166-827d68bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。