PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Peter Murphy(ピーター・マーフィー)/ Dust

Dust Dust
Peter Murphy (2002/04/23)
Metropolis
この商品の詳細を見る

今回紹介するのは、元Bauhaus(バウハウス)のヴォーカリストだったPeter Murphy(ピーター・マーフィー)が2002年に発表したオリジナルアルバム“Dust”です。
ソロ作品では一番の傑作であると同時に、独特の世界観を強く打ち出した作品であると思います。

1. Things to Remember
2. Fake Sparkle or Golden Dust?
3. No Home Without Its Sire.
4. Just for Love
5. Girlchild Aglow
6. Your Face
7. Jungle Haze
8. My Last Two Weeks
9. Subway (Epilogue)


Peter Murphy(ピーター・マーフィー)がソロになってから世に送り出した作品は、残念ながらどれも酷評されがちでした。それは矢張り、Bauhaus(バウハウス)と云う名のモンスター・バンド出身だったからに他ならないでしょう。
けれども、バウハウス時代と何ら変わらぬスタンスではいけないし、他のヴォーカリストの様な、一般的に云うところの“良い曲”を歌うことも、この人のイメージにピッタリではありません。
ピーター・マーフィーが辿り着いた本作は、そのどれにも属さず、唯一無二なサウンドでした。
不規則なエレクトリック・ビートの上を漂う、アンビエントな雰囲気を持ったオリエンタルな楽器や不気味な音。それらの音をバックに従えて、ピーター・マーフィーの声が地獄の王が如く響き渡ります。
まるでそれは、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の怪談にも等しき、おどろおどろしい世界。物凄く統一感されたカオスが此処にあります。
決して口ずさむことのできない歌が満載された名盤です。絶対にイージーリスニングにはなりません。何もかも諦めて何処までも堕ちていって下さい。
Amazonにて全曲の試聴ができます
関連記事

| - Peter Murphy | 17:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Paradise Lostがいなけりゃゴシック・メタル
という言葉が生まれたか分かりませんが、
その前にBauhausがいなけりゃゴシックが音楽の
カテゴリーに存在したか分かりませんね。

バンド時代と全く同じものを求められるアーティスト
もいれば、同じことを続けたら叩かれるアーティスト
もいます。これは難しいですねぇ。
今から視聴をクリックします!

| SANE | 2007/09/04 22:56 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
こんばんは。Bauhausの存在は多くのゴス/ゴシック後継者を生み出しましたねぇ。Paradise Lostもそうですが、音gかうジャンルのルーツとなるアーティストって、楽曲だけじゃなくて何らかのオーラがありますよねぇ。
ソロになると、そういったイメージを払拭するのに苦労しそうですね。ピーター・マーフィーは特に苦しんでいたかも。

Amazonの試聴が変な箇所を抜粋していやがる(呆)…けど、このアルバムは確かに抜粋箇所が難しいかもしれません。遅めの怪談を体感してください!(笑)

| JUN | 2007/09/04 23:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/176-95584462

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。