PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Peter Murphy(ピーター・マーフィー) / Love Hysteria

Love Hysteria Love Hysteria
Peter Murphy (1995/06/20)
Teichiku Japan

この商品の詳細を見る


Bauhausの元ヴォーカル、Peter Murphyの2ndアルバム。

1. All Night Long
2. His Circle and Hers Meet
3. Dragnet Drag
4. Socrates the Python
5. Indigo Eyes
6. Time Has Got Nothing to Do With It
7. Blind Sublime
8. My Last Two Weeks
9. Funtime
10. I've Got a Minature Secret Camera
11. Funtime [Cabaret Mix]

“至って普通だなぁ”
という印象を受けたアルバム。
だってしょーがないじゃん、バウハウスやってたんだから。
決して出来が悪いんじゃなくて、至って普通なだけ。
だって×2しょーがないじゃん、バウハウスやってたんだから。

#1は渋くて、メロディーも良い。しかし、#2#3は普通すぎる。普通で悪いと云われてしまうのは、もはやこの人の性(さが)なので仕方ないんですがね。あとドラムの音がでかすぎ。
#4では一転して、エスノでオリエンタルなサウンド。暗闇の中から囁きかけてくるようなピーター・マーフィーの低音ボイスに暫し感動。この路線は後の作品に引き継がれる雰囲気ですね。
#5から#10までは、様々なアプローチを試みているようだけれど、矢張り普通だなぁと思ってしまうんですよ。それはそれは怖ろしい、バウハウスの呪い。
ラスト・ナンバーの#11は、イギー・ポップのカヴァー。

さて、普通にやっただけでは叩かれ、酷評される宿命を背負ったピーター・マーフィーですが、どうかご心配なく。
…後々、やらかしてくれます。そのうちレビューします。

関連記事

| - Peter Murphy | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/18-2ae8d8eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。