PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Michael Kiske(マイケル・キスク)/ Instant Clarity(インスタント・クラリティ)

インスタント・クラリティ インスタント・クラリティ
マイケル・キスク (1996/08/17)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今回は、ジャーマン・メタルの代名詞とも云うべき存在のバンド、“Helloween(ハロウィン)の黄金時代を支えたヴォーカリスト“マイケル・キスク”のソロアルバム“インスタント・クラリティ”を紹介します。

1. Be True to Yourself
2. The Calling
3. Somebody Somewhere
4. Burned Out
5. New Horizons
6. Hunted
7. Always
8. Thanx a Lot!
9. Time's Passing By
10. So Sick
11. Do I Remember a Life?


本作は、ハロウィンを脱退(実質上は解雇かな)したマイケル・キスクが1996年、三年間の沈黙後にリリースした1stアルバムです。持ち味であるハイトーンのヴォーカルは健在なのですが、メタル感は薄れてしまっていて、聴きやすいハードロックのような感じでちょっと残念でした。
でも、#2.The Calling#5.New Horizonsは充分メタルしていますし、自殺したハロウィンの元ドラマー“インゴ・シュヴィヒテンバーグ”に捧げた#7.Alwaysでは、とても優しい歌声を聞くことができます。他の曲はあんまりかなぁ…勿論、歌は上手いんだけど。
因みに、Helloween~Gamma Ray(ガンマ・レイ)のカイ・ハンセンやIRON MAIDEN(アイアン・メイデン)のエイドリアン・スミスがゲストとして参加しています。
The Official Michael Kiske Websiteはこちら
関連記事

| メタル全般 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

曲が異常につまらないんですよね。
このあとキスクはX JAPANのToshiのように
ちがう世界に逝ってしまったような感じで2人が
ダブって見えます。

| SANE | 2007/09/20 01:25 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
嗚呼、僕が敢えて言わなかったことをよくぞ代弁してくれました(笑)。
ほんと、ダブって見えますね。このアルバムからハロウィンに入る人は僅かにいるだろうけど、ハロウィンからこのマイケル・キスクを賞賛する人はいなそうですよね。
ポップであることってのはある種、音楽界で喰っていくには大事なファクターだと思いますが、アーティスティックな面は絶対に失って欲しくないところです。
マイケル・キスクは歌唱力はありますが、他の面では魅力は感じませんねぇ…

| JUN | 2007/09/20 01:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/189-6beef3fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。