PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松岡英明 / KISS KISS

KISS KISS KISS KISS
松岡英明 (1989/09/08)
ERJ
この商品の詳細を見る

本作は1989年にリリースされた松岡英明の4thアルバム。80年代ラストの年にも関わらず、彼は普遍のの80's英国サウンドをお届けしようと努力していたようである。

1. 失楽園
2. トップ・シークレット
3. アイ・ラヴ・ロックン・ロール
4. 雨の火曜日
5. キュート・ガール
6. キャッチ
7. スタディー・アフター・スクール
8. キス・キス
9. きみの罪は僕の罪
10. ヴァイオレント・スムース
11. オブジェクツ・オブ・デザイアー
12. 冬のホワイト・レイン
13. ストロベリー・キス・キス
14. パラダイス・ビリーヴァー


このアルバムはなかなか名曲が多い。一部の曲はアレンジを他人に任せていることが良いアクセントとなって、バラエティに富んだ仕上がりとなっている。
毎度毎度失礼ながら、「何故格好付ける必要があるんだ?」と思ってしまう外見(愛嬌のある顔ではあると思う)であったり、特に上手くない発音で英詩のみの歌(#11. オブジェクツ・オブ・デザイアーのこと。ただし名曲)を披露してしまう辺りは、ロマンティック系ニューウェイヴに芯までかぶれていたからなのだろうか…
他、#2. トップ・シークレットや#3.アイ・ラヴ・ロックン・ロール 等のアップテンポな曲だとか、ハワード・ジョーンズ風アレンジの#5. キュート・ガール、エレクトリック・ラテン歌謡曲風のアレンジとメロディーに無関係な歌詞が乗った#7.スタディー・アフター・スクール、名曲#8.キス・キス等々、豪華ではないけれど賑やかな作品である。
嗚呼、あとラスト#14.パラダイス・ビリーヴァーの少年回帰的な歌詞と壮大な間奏はたいへん素晴らしい。
松岡英明公式サイトはこちら
関連記事

| 松岡英明 | 14:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!
松BOW(笑)ですね。
当時、TMの次によく聞いていました。…というか、けっこう好きでした(苦笑)ライブも何回か行きましたし。

あの頃は、JUNさんが指摘しているビジュアル(笑)や歌唱力や英語の発音など、全く疑問に思っていませんでしたが、今聞いてみると確かに『アレレ?』ですね…(ToT)
(曲自体は今もイイとは思いますが。)

久々に聞いてみて、ある意味、当時とのギャップを感じたのは今の所、悲しいかな好きだった松BOWだけです(笑)

| ちくわ | 2008/03/15 23:18 | URL | ≫ EDIT

>>ちくわさん
こんばんは~!
松岡英明、良いですよね。文句言ってるけどかなり好きですよ(笑)。
松岡さんの声質って、低いところだと何となく宇都宮隆に似てますよね。
なんかDURAN DURAN風の楽曲があると、ことごとく英詩で残念だった覚えがあります。日本語でうたってくれ~い!

| JUN | 2008/03/16 00:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/196-0485c361

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。