PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J / PYROMANIA

PYROMANIA PYROMANIA
J (1997/07/24)
MCAビクター
この商品の詳細を見る

LUNA SEA(ルナシー)のベーシスト“J”が、同バンドの活動休止時期に発表した1stアルバム(1997年)。

1. 1(アイ・ラヴ・ザット!!)
2. パイロマニア
3. バーン・アウト
4. ア・フィット
5. ループ・オン・ブルー
6. ワン・フォー・オール
7. ライ・ライ・ライ
8. アクロス・ザ・ナイト
9. バット・ユー・セッド・アイム・ユージュレス
10. バック・ライン・ビースト
11. シャンパン・ゴールド・スーパー・マーケット
12. ホワッツ・ザッツ・ミーン?
13. ソング・オブ・エターニティ
14. R.I.P.


元CULTのスコット・ギャレットがドラムとして参加しているのだけれど、タイム感がやたらとキッチリしているような…特に序盤に収められている曲に関しては、各所で継ぎ接ぎのような展開の曲が多く、ちょっと残念。
ただ、骨太なロック&パンキッシュなサウンドに乗っかっているJの粗野で乱暴なワイルドそのものを地で行く声(やや非力ですが)は新鮮。
後半に行くに従い、どんどんと邦楽離れ(笑)していってニヤニヤしてしまう。ヴィジュアル系バンド“LUNA SEA”からは想像も付かない程の男臭さ満開の一作。
関連記事

| - LUNA SEAその他 | 12:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

JがいることでLUNA SEAは良い意味で
ノリがでますよね。とにかくロックしている男です。
個人的には次作が1番好きなんですけど
初のソロ・アルバムはストレートな
ロック・アルバムで正解だと思います。

このアルバムを聴いた限りは剛速球1本なイメージ
でしたが、次のアルバムはかなり練って作られた
感じがしたので、Jの印象が変わりました。

| SANE | 2007/11/24 01:51 | URL | ≫ EDIT

>>SANEさん
こんばんは。このアルバムはソロ活動をしていたメンバーの中では一番ロックしてますねぇ(一人ポップスしすぎの人がいますけど)。
勝手に括られたヴィジュアル系の中で、このJは物凄く暑苦しくて熱気ある音源を作っているので、面白いです。
LUNA SEAがライブでCDを超えている理由の一つがこの人の存在ですね。
アルバムを出すたびにどんどん良くなるのは、ライブを沢山こなしてきた結果なのかも!

| JUN | 2007/11/24 23:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。また来させていただきました。
Jに魅了されて約一年(笑)
ほとんどすべてのアルバムを聞きましたけどファーストを超えるのはなかなか無いです…。とにかくファーストの歌声が好きなのでしょうね。曲も気取った感じが皆無で心の琴線に触れます。ただ序盤の曲は私も好きじゃないです。9トラック以降は涙腺刺激されます。ちなみに、次に好きなアルバムはレッドルームです。陰のあるJさんが大好きなので。このファーストアルバムも陰を落とした曲が多いのでかなりツボでした。

| ゆか | 2013/05/07 00:17 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>>ゆかさん
こんばんは。GW満喫出来ました?
このアルバムを愛聴している友人は多いですね。Jも作品を重ねるごとに段々歌い慣れた感じになっていくんですが、1stのナチュラルで荒々しい感じが一番かもしれませんね、野生っぽくて。そしてやっぱりCDだと物足りない感じがして、ライブに行きたくなるんでしょうね。ライブなんてとんとご無沙汰です。久しぶりに誰かのを見に行きたいな~。

| JUN | 2013/05/07 18:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/221-3c9c1f6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。