PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さかしま / J.K.ユイスマンス

さかしま (河出文庫) さかしま (河出文庫)
J.K. ユイスマンス (2002/06)
河出書房新社
この商品の詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
三島由紀夫をして“デカダンスの「聖書」”と言わしめた幻の名作が待望の文庫化。ひとつの部屋に閉じこもり、自らの趣味の小宇宙を築き上げた主人公デ・ゼッサントの数奇な生涯。澁澤龍彦が最も気に入っていた翻訳。


澁澤龍彦の美しい翻訳が冴え渡る一作。主人公“デ・ザッセント”のデカダンスな生き様・趣向と見事に合致した結果だろうか?
本編にはストーリーと云える様なものは殆ど無く、ダラダラと進んで行くのですが、主人公デ・ザッセントの築き上げて行く、超個人的な世界にのめり込んでしまった。読んでどうなるものでも無いのだけれど、読んでみて心から良かったと言える作品。不思議不思議。
関連記事

| その他:書評 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/223-4c3472b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。