PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高丘親王航海記 / 澁澤龍彦

高丘親王航海記 (文春文庫)高丘親王航海記 (文春文庫)
(1990/10)
渋澤 龍彦

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していたのだ。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは…。遺作となった読売文学賞受賞作。


澁澤龍彦が咽頭ガンと闘いながら書いた遺作。
自らの投影である高丘親王が、お供を連れて天竺を目指す。夢とも現実ともつかぬ世界を、境界線無しで自在に行き来しながら、天竺を夢見て旅をする。

旅の途中に出会うジュゴンや象、ラフレシア等々、初めて視るモノ全てに興味を示す高丘親王。
年齢を重ねても、面白いことや不思議なことにかける情熱、そして探求心。まさに澁澤本人そのものだ。
ラスト・シーンは、澁澤龍彦と高丘親王が本当にオーバーラップしてしまい、とても切ない気持ちになった。

ひらがなの使い方が絶妙で、物語全体を通しての印象はとても優しく、とても柔らかかった。
Amazon.co.jp
関連記事

| その他:書評 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/237-ecd53115

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。