PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葛城哲哉 / MACHINE HIP ~KG-4~

MACHINE HIP ~KG-4~MACHINE HIP ~KG-4~
(1995/11/01)
葛城哲哉

商品詳細を見る

今回レビューするのは、葛城哲哉のソロ名義通算4作目の作品『MACHINE HIP ~KG-4~』1995年の作品です。

1. D.T.A.
2. バッド・ブレイク
3. キル・ミー,タッチ・ミー
4. ラヴ・マシーン
5. 気ままな人生
6. 言い出せなくて
7. おせっかい
8. ワン・ロスト,トゥー・ファウンド
9. プライド
10. ヴォイス・オブ・ヘヴン


本作を始めて再生してまず思ったのは、
「おや、今回は今までと違ってシンセがないぞ?」
…そう、本作はこれまでの作品のように、小室哲哉(TM NETWORKや浅倉大介)繋がりで引きずってきたテイストは影を潜めて、葛城哲哉本来のハードロックを前面に押し出した作品に仕上がりました。TM NETWORKで彼のことを知って、彼のサウンドにはまって付いてきたリスナーに、ハードロックの洗礼って塩梅でしょうか?(笑)まさにふるいに掛けられた気分。
いつも通り…いや、いつも以上に暴れまくるギターは勿論のこと、ワイルド且つ野性的なヴォーカルにも磨きが掛かっていますね。#2.バッド・ブレイクのギターなんかは、かな~りノリノリで聴けます。#9.プライドは一転してアコースティックなナンバーが心に染みます。
葛城哲哉の公式ブログはこちら
関連記事

| - 葛城哲哉 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/242-dedcf34d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。