PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空夜coo:ya / 静焔

静焔静焔
(2005/12/09)
空夜(coo:ya)

商品詳細を見る

今回レビューするのは、元GRASS VALLEY(グラスバレー)のキーボーディストであった本田恭之(現:本田海月)と、独特の世界観で歌詞を紡ぐmiyo(ミヨ)の二人組ユニット“空夜cooya”が2005年に発表した2ndアルバム『静焔』です。

01: ケティ (Ketty)
02: disposable body
03: ひまわり (Sunflower)
04: 静焔 (Jou en)
05: 砂漠 (Desert)
06: 希望 (Hope)
07: hungry girl
08: ロータス・イースター (Lotus Easter)
09: きづいてよ。 (Please notice.)
10: 楽園 (Paradise)


本作はインディーズで発表された作品ですが、最早メジャーとの垣根なんて一切感じませんね。
きっちりと現代に即したミキシングが施されており、特に#1.ケティ (Ketty)はヘッドホンよりもスピーカーで聴いてみると、広がりのある世界を感じることが出来ます。本田海月氏によるサウンドは、GRASS VALLEY(グラスバレー)の頃よりもデジタルなサウンドになりましたが、カラフルなサウンド構築は健在。でも本作にはシンセソロが殆ど無いのでちょこっと不満。
ヴォーカルを務めるmiyoさんの歌詞は、時には痛く突き刺さり、時には幻想的、そして可憐だったり背徳感を感じられたりと、兎に角多彩で自分の言葉をキッチリと紡いでおられます。歌声は透明感があり、とても女性らしく魅力的。
そんなmiyoさんの詩と本田サウンドが見事に融合した#2.disposable body#5.砂漠 (Desert) は必聴の価値ありです。
空夜coo:yaのmyspaceで試聴ができます
関連記事

| - GVその他 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/252-59ad75d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。