PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Nik Kershaw(ニック・カーショウ)/ The Works

ザ・ワークスザ・ワークス
(1989/04/10)
ニック・カーショウ

商品詳細を見る


今回紹介するのは、ハワード・ジョーンズやポール・ヤングと共に80年代のブリティッシュ・ポップ界を牽引したNik Kershaw(ニック・カーショウ)が、1989年に発表した4枚目のアルバム『The Works(ザ・ワークス)』です。

1. ワン・ステップ・アヘッド
2. エリザベスの瞳
3. テイク・マイ・プレイス
4. ウンデッド・ニー
5. カウボーイとインディアン
6. ワン・ワールド
7. ドント・アスク・ミー
8. バーニング・アット・ボース・エンズ
9. レイディ・オン・ザ・フォーン
10. ウォークアバウト


本作は、ピーター・ウルフがプロデュースを担当しており、全体として落ち着いた雰囲気だが、所々に捻りのきいた陰りのあるポップスに仕上がっている。
#1. ワン・ステップ・アヘッド の湿り気のある雰囲気は絶品。ベースラインも秀逸。#2. エリザベスの瞳 は珍しく陽気なサウンドであり、極上のサビを聴くことができる。
前作の『ラジオミュージコーラ』が、アルバム全体の雰囲気を重視した結果、セールスが伸びずに失敗だったこともあって、勢いという面ではややパワーダウンしたイメージだったが、暗いんだけどキャッチーな雰囲気は相変わらずで、これぞ如何にも英国といった感じ。#9. レイディ・オン・ザ・フォーンはその最たる展開ではなかろうか。
独特のメロディ・センスと美しいルックスを持っていたニック・カーショウだが、英国ってこういうポップで美形な人って、決まって評価が低いんですよね。嫉妬ですかねぇ。
関連記事

| その他洋楽 | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ニック大好きです!

初めまして。ニックカーショウが大好きでこのページに
たどり着きました。
私にとってニックの曲は何回も聞きたくなるような魅力がつまっているんですよね~。The Riddleなんかその典型的なパターンです。どのアルバムをとってもいい曲がありますよね。

| sarisana | 2010/05/13 19:56 | URL | ≫ EDIT

Re: ニック大好きです!

sarisanaさん>>
初めまして、こんばんは。ニックファンですか!ようこそお越しくださいました。
ん~、ほんと良い曲多いですよね。全盛時には外見ばかりが注目されちゃって、曲に関してはあんまり触れられなかったんだとか…勿体ない。

今考えても、見た目も曲も良いアーティストなのにね~。

最近は更新サボり気味ですが、また遊びに来て下さい。更新します(怪しい)から~。

| JUN | 2010/05/14 00:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/283-b28d5a3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。