PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Ultravox(ウルトラヴォックス)/ Ultravox!

Ultravox!Ultravox!
(2006/07/25)
Ultravox!

商品詳細を見る

今回レビューするのは、1977年に発表されたUltravox(ウルトラヴォックス)の1stアルバム『Ultravox』です。
…個人的にはミッジ・ユーロ加入後の方が好きです。

1. Sat'day Night in the City of the Dead
2. Life at Rainbow's End (For all the Tax Exiles on Main Street)
3. Slip Away
4. I Want to be a Machine
5. Wide Boys
6. Dangerous Rhythm
7. The Lonely Hunter
8. The Wild, the Beautiful and the Damned
9. My Sex
10. Slip Away - Live (Bonus Track)
11. Modern Love - Live (Bonus Track)
12. The Wild, The Beautiful and The Damned - Live (Bonus Track)
13. My Sex - Live (Bonus Track)


Ultravox(ウルトラヴォックス)の創設者にして初代ヴォーカルのジョン・フォックス(John Foxx)が在籍していたデビューアルバムである本作は、ジョン・フォックスの才能を心ゆくまで堪能できる傑作。エレクトリック・ヴァイオリンが美しい#8. The Wild, the Beautiful and the Damned は素晴らしい仕上がり。パンクがニューウェーブへと変化してゆく様を体感できる一枚だ。
尚、本作のプロデューサーを務めたのはブライアン・イーノとスティーヴ・リリーホワイトである。
このバンドの登場は、80年代を席巻したシンセサイザーサウンドを強調したテクノ / エレクトリック・ポップムーブメントの先駆けとして、YMOやゲイリー・ニューマン、ヒューマン・リーグ、JAPAN、OMD等々、多大なフォロワーを生み出すことになった。
Amazonにて4曲のライブテイクが追加されたものが購入できます
関連記事

| Ultravox | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/292-3feb7b24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。