PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Evereve(エヴァーイヴ) / E-Mania

E Mania E Mania
Evereve (2001/08/13)
Massacre
この商品の詳細を見る

ドイツのゴシックメタルバンド、Evereveの4thアルバム。
このバンドはアルバムごとに結構違いがあります。ある時は鬱々としたゴシック節が全開。またある時はピコピコしたり、最近はモダン・ヘヴィネスだったり…
今回の作品は初期(ゴシック)~現在(モダン・ヘヴィネス)の中間くらいにあたる時期でしょうか。どのアルバムも丁寧に作られていて、哀愁漂うメロディーも期待を裏切らないので、自然と贔屓目で見てしまうんです、Evereve。

1. K M (Most Terrible God)
2. Pilgrimage
3. The Flesh Divine
4. Someday
5. This Is Not
6. Suzanne
7. D E M O N S
8. Ligeia
9. See The Truth
10. To Our Denial
11. Fade To Grey
12. 515151


特筆すべきは#1#4の流れの纏まりの良さ(特に“someday”)と、#10“T.o O.ur D.enial”でしょう。
“someday”の破滅に向かって疾走していくような感じは、大音量のヘッドホンで聴きたい。
“T.o O.ur D.enialはもうねぇ、漢(おとこ)の哀愁がタップリと漂う名曲。ギターソロの入りも絶妙で、涙を誘う。
そして#11.Fade To GreyはVisageのカバー!クセになります。

このアルバムは確かに、ギターのリフ等でメタルを感じることができるんですが、ピコピコしたシンセサイザーの音が多数存在していて、NEW WAVE(ダークウェイヴ)路線じゃないかなと思います。
しかしこのバンドが紡ぎ出すメロディー、素晴らしいのですよ!哀愁に充ち満ちていて。


関連記事

| ゴシックメタル | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/30-9f8bb5b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。