PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮沢りえ / MU

MUMU
(1989/11/22)
宮沢りえ

商品詳細を見る


今回紹介するのは、一時国民的人気を誇ったアイドル“宮沢りえ”が1989年に発表したファースト・アルバム『MU』です。

80年代を彩った人気の国民的アイドルがリリースしたアルバムと云うことで、当時はかなりの注目度だったんですが、ひじょうにビミョ~な歌唱力の持ち主。僕は当時(中学生くらい)、結構馬鹿にしたモンですが…
改めて聴いてみると、なんだか悪くない(笑)。ってか、結構イイんじゃないかとすら思えるのは、本作の楽曲の良さのせいかも?それとも僕が大人になっただけなのか…

1.ごきげんなHEART
2.DREAM RUSH
3.A・B・CD
4.わたしは何?
5.夢みてごらんよ
6.秘密がいっぱい
7.WAITING FOR YOU
8.SHOOTING STAR
9.MOST


#2.DREAM RUSHは小室哲哉による作曲・編曲。デジタル感満載のビートに、ポップでキャッチーなメロディーが乗っています。不慣れなヴォーカルに負担を掛けないAメロと、情感タップリのBメロ。そして開放的なサビと、聞き所満点。間奏はなんだか近所のスーパーで流れてそうなチープ感だけども。そしてなんと、妙に暴れているエレキ・ギターを弾いているのは“B'z”の松本孝弘氏。
#3.A・B・CDはアレンジが秀逸。#5.夢みてごらんよはパワフルな楽曲。佐藤準によるアレンジが冴え渡る作品。#6.秘密がいっぱいは再び小室哲哉による楽曲。編曲は佐藤準ですが、なんとなく小室節。クセになるサビが良いですね。#9.MOSTの作曲は、“THE ALFEE”高見沢俊彦。「チューニング合わせて♪」という川村真澄の歌詞を、危なっかしく不安定なピッチの宮沢りえに歌わせてしまう酷な楽曲。
関連記事

| TK楽曲提供作品 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/311-36c236c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。