PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

JAPAN / Gentlemen Take Polaroids

Gentlemen Take Polaroids Gentlemen Take Polaroids
Japan (2007/04/24)
Virgin
この商品の詳細を見る

JAPAN通算4枚目のオリジナルアルバム。
次のアルバムである名作“Tin drum”へと継承されてゆく独特な雰囲気を構築した作品。

1. Gentlemen Take Polaroids
2. Swing
3. Burning Bridges
4. My New Career
5. Methods of Dance
6. Ain't That Peculiar
7. Nightporter
8. Taking Islands in Africa
9. Experience of Swimming
10. Width of a Room
11. Taking Islands in Africa [Steve Nye Remix]

本作に収められている楽曲はどれも耽美でダンサブル。

1. Gentlemen Take Polaroids
幻想的な雰囲気を持つ曲。デヴィッド・シルヴィアンの湿気を含んだ粘っこいヴォーカルが素晴らしい。
左右をフラフラと漂うシンセサイザーと蛇のようにのたうち回るベースが絶妙です。
2. Swing
特徴的なベースラインの曲ですね。動画を見たことがありますが、タイトルに反してデヴィッド・シルヴィアンがちっともSwingしていません(笑)。
ミック・カーンがベースだけでなくサキソフォンも演奏しています。
4. My New Career
シンセサイザーによるスクウェア波?の音色が素敵です。キーボードのリチャード・バルビエリは、殆どの音を名器Prophet-5(プロフェット5)で作っているんでしたよね。
5. Methods of Dance
妖しくダンサブルな名曲です。アルペジエーターによるシーケンス・フレーズは前作のQuiet Lifeに通ずるところもありますね。アレンジ面はホント、空間の使い方が素晴らしく、何度聴いても飽きません。
8. Taking Islands in Africa
YMOの坂本龍一とセッションをしながら作った曲らしいです。間奏などに教授の陰が出ていますね。あんまりJAPANっぽくない気もします。

先日、再度リマスター盤(輸入盤)を購入したので、今回は通常盤と比較した部分についても記述しておきたいと思います。
音圧も増して、低音部分やヴォーカル、そして左右への広がりもきちんと出ています。
彼らのメイン・シンセサイザーがアナログシンセなので、時代を経てもちゃっちい感じはせず、上記のリマスターによるEQ補正などから鑑みても、焼き増し感は薄いと思います。
ですので、これから聴いてみようという方のみならず、通常盤しかお餅でない方にもオススメしたいです。

※アマゾンで試聴できます。

関連記事

| JAPAN | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/36-442d8420

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。