PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TM NETWORK / GIFT FOR FANKS

GIFT FOR FANKS GIFT FOR FANKS
TM NETWORK (1991/09/05)
EPICソニー
この商品の詳細を見る

TM NETWORK初のベスト・アルバム。ただし、CDの帯にはベスト・アルバムではなく、ヒストリー・アルバムと記載。

01.Get Wild
(作詩:小室みつ子 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
02.Come on Let's Dance (This is the FANKS DYNA-MIX)
(作詩:神沢礼江 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
03.Passenger ~A Train Named Big City~
(作詩:神沢礼江 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
04.YOUR SONG ("D"Mix)
(作詩:小室哲哉 / 作曲:小室哲哉・木根尚登 / 編曲:小室哲哉)
05.DRAGON THE FESTIVAL (Zoo Mix)
(作詩:小室哲哉 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
06.1/2の助走 (Just For You And Me Now)
(作詩:西門加里 / 作曲:木根尚登 / 編曲:小室哲哉)
07.愛をそのままに
(作詩:西門加里 / 作曲:木根尚登 / 編曲:小室哲哉)
08.Confession ~告白~
(作詩:西門加里 / 作曲:木根尚登 / 編曲:小室哲哉)
09.Rainbow Rainbow (陽気なアインシュタインと80年代モナリザの一夜)
(作詩:西門加里 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
10.1974 (16光年の訪問者)
(作詩:西門加里 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
11.8月の長い夜
(作詩:三浦徳子 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
12.Nervous
(作詩:川村真澄 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
13.You can Dance
(作詩:西門加里 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)
14.Self Control (方舟に曳かれて)
(作詩:小室みつ子 / 作曲:小室哲哉 / 編曲:小室哲哉)

さて、このアルバムの印象は、
“Get Wildが売れたから、急遽便乗発売したベスト・アルバム”
ですかね。
狙い通り、初のオリコン一位を獲得しましたが。
Get Wild (1987年4月8日)が収録されたオリジナル・アルバムは、humansystem(1987年11月11日) で、このアルバムの発売時期(1987年7月1日)はちょうど中間。よい時間稼ぎになりましたねぇ…
選曲なんかを見ますと、まぁ確かにこの時点でのベストな選曲かな?と思います。

けれど、実際に聴いてみると、割と退屈な曲順かなぁと感じました。
当時はカセット・テープ全盛の時代でしたし、気軽に曲順を変えることも出来ず、歯がゆい思いをしながらこのアルバムを聴いていましたねぇ。

#6~#8辺りは、いつも早送りしてた記憶が…木根さんごめんなさい。

関連記事

| TM NETWORK | 12:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは♪
TMも好きなので色々読ませてもらってました。
私このアルバム大好きなのですが、JUNさん意外と低評価だったのでうけました(笑)
リアルタイムで聴いておられた方との差なんでしょうか。
私このアルバム出た頃生まれてなかったからか、純粋にTMの全盛を感じられました。
しかし私も木根さん作品はとばしてます…
特にPassenger が好きで、小室氏の傑作だと思ってます。
アルバム「Digitalian is eating breakfast」も相当なものですが。

| ゆか | 2012/05/27 21:51 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>>ゆかさん
こんばんは。なんというかこれは、好きだったTMが急に売れて注目されてこのベストが発売された経緯もあり、当時の自分、かなり悔しかったんじゃないでしょうか(笑)。PASSENGERはあの頃の邦楽としては相当にぶっ飛んでいましたね。そして小室氏のソロアルバムは素晴らしいですね(あの声に同調できた人限定ですけど)。僕は発売日に予約して購入して、初めて聴いてあの声に驚いて即日売却しました!そのくらい衝撃でしたが、一週間ほどしてもアノ歌い方が耳から離れず、また購入した経緯があります(笑)。「嫌い」という激情が「大好き」に変わった初めての経験かもしれません。

話しがずれちゃいましたが、Get Wildが売れたタイミングで、とりあえず急いで出しやがったな!?(普通のベストよりも売れた曲が無いのに)ってことで、当時は受け入れられませんでしたが、入門としてこのアルバムから入るって考えると、良い曲揃いですね。木根さんのバラードが続くところがやはり今でも少し退屈です。木根さんのせいじゃなくて、バラードの連続って意味合いでですけど。
シンセの音や編曲自体はしかし、今のものよりもこのあたりの音がイイなぁ~。

| JUN | 2012/05/28 20:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/81-921104f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。