PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GRASS VALLEY / 瓦礫の街

瓦礫の街 瓦礫の街
GRASS VALLEY (1990/05/21)
KRE
この商品の詳細を見る

GRASS VALLEY通算5枚目のアルバム。
バラバラになりそうだったメンバーを纏める為に、敢えてコンセプト・アルバムにして曲作りをしたというもの。
その目論み(苦肉の策)が功を奏して、アルバム全体を通して纏まりがある。
しかしこのアルバムを最後に、ドラムの上領亘が脱退してしまった。

1. 原始と未来~プロローグ
オープニングを飾るインスト曲。淡々と進行しているようでいて、その中でもきちんとドラマティックさを表現している。
このコンセプトアルバムに向けての期待感を見事にかき立てる。
2. ザ・ヴォイシズ・オブ・ファーザー(血を流さない神の声)
ギターのカッティングが小気味よい曲。
ミニマムながらも壮大な物語の序曲を奏でている。こういった物語になっている歌詞は結構新鮮だったな。
3. 灰色のオリオン
アップテンポな名曲。シングルともなったこの曲は、このアルバムの雰囲気を見事に具現化している。
Bメロの呪詛のようなコーラスとサビでの力強いヴォーカルは、これまでのグラス・バレーとは一線を画しているかもしれない。
4. ウォリアー
古代ギリシアのコロシアムが舞台であろうか。戦いに臨む戦士の心情が描かれている。
オケのリズムが不規則で、上領亘の力量を感じる。やっぱこの人個性があるなぁ。
5. イカルスの落下(ブラッド&ブルー・スカイ)
もの悲しいオケをバックに、出口雅之のしゃがれた声が木霊している。
タイトルはイカルスの落下だが、特にイカルス(イカロス)との関係性は無いようだ…
6. この道を抜けろ
印象的なアップテンポの曲。
この難解なアレンジは、グラス・バレーの得意とすることだろう。ファンタジックなシンセサイザーによる間奏が心に残る。
7. ドラゴン
ファンタジーな曲ですねぇ。アレンジと歌詞が見事にマッチしていますね。上領氏の刻むハイハットが素晴らしい。この人って本当に手捌きが凄いな。
8. 1990
このアルバムって、前作(ロゴス)を土台にしたニューロマ期(1st~3rd)の再構築の様な感じがしていたのですが、この曲はまさしくそん感じ。
他の曲も勿論なんだけど、この曲はアレンジの完成度が抜群。
9. メリーゴーランド
この曲のヴォーカルはなんと、ベースの根本一朗氏。
3拍子の中を、妖精のように浮遊する根本氏のヴォーカルは斬新!(笑)
とても不思議な雰囲気の曲で、癖になりますよ。
10. ターン・トゥ・スカーレット
パワフルな曲です。パワフルな曲って、上領氏のドラミングを楽しめなくて気がして好きじゃない。
とはいえ、この曲のドラムも、涼しい顔してツーバスを踏んでいたんだろうなぁ。
11. 原始と未来~エピローグ
壮大な曲ですねぇ。シンセサイザー大全とでも言うべき雰囲気と、コンセプトアルバムとしての〆としては満点の出来。
12. 瓦礫の詩人
この曲ってGRASS VALLEYファンにとっては聖書のような扱いをされていますねぇ(笑)。当然、僕もかなり愛聴しております。
出口雅之の歌詞って、幻想と云う枠の中にそっと隠されたメッセージが素敵なんですよね。最近はそういう歌詞を書かなくなってしまって残念です。

さて、本作は上領氏在籍時期の最後にあたる作品です。
彼は元々、古典的ニューロマンティック的なものをやりたかったようで、ロゴス辺りからの路線変更によってパワフルな装飾を施されるようになったアレンジを嫌がっていたのかもしれませんね。
このアルバムは、曲単位で聴くよりもアルバム単位で聴くことをお薦めします。
今現在amazonの中古が結構安いです
関連記事

| GRASS VALLEY | 18:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは^^

ちょっとお久しぶりにこちらにお邪魔させて
いただいたのですが、そうしたら、グラスバレーの記事!!
やっぱり何かに呼ばれたのかと思っちゃいました(笑)

このアルバムって、一連のストーリーになって
いるのですよね^^
あの頃って、こういうの流行っていて。。。
たしかTMのアルバムも同じ頃、そういうのありましたよね。。。
あ~~、でも、そのアルバムのタイトルが思い出せない^^;;;;

| Lyrica | 2007/05/24 22:56 | URL | ≫ EDIT

おお、なんと運の強い(笑)。

TMのアルバムはCAROL(YAZAWAじゃないですよ!)ですね。
あれも良いアルバムだったなぁ~。

通して聴きたいこのアルバムは、時間がある時にゆっくり聴いてますよ。ジャケットの出口氏、かっちょええです。

| JUN | 2007/05/24 23:14 | URL | ≫ EDIT

コンセプトアルバムでも『イカルスの落下』はイカロスとは関係なぃんですネ(笑)
GRASS VALLEYですかぁ。。全然知らなぃバンドですが、なんか良さそうですねぇ(^▽^)
チョット気になったのでオフィシャルとか調べてみます♪

| ちぃ坊 | 2007/05/24 23:22 | URL | ≫ EDIT

ちぃ坊さん>>
一応このジャケットには、ヴォーカルの出口さんがギリシア神話風の天使に変装してますよ!
因みにグラス・バレーはもう解散しちゃってます(;;)
かなりオススメしたいのに動画や試聴が全然無いので、すご~く残念なんですよ。

| JUN | 2007/05/25 00:09 | URL | ≫ EDIT

はじめまして! YUKIと申します。
去年偶然GRASS VALLEYを知って、そこから寝ても覚めても
GRASS VALLEY オンリー!! 
このような素晴らしいバンドがあったなんて・・もっと早く知っていれば・・と後悔の嵐です(T T)

出口さんの美声、決して誰にもマネできない素晴らしい声ですね。
ちなみに今も「ドラゴン」を聴きながらこのメール書いてます(*^^*)

| YUKI | 2007/05/28 18:31 | URL | ≫ EDIT

YUKIさん、初めまして!
おお、GRASS VALLEYに出逢えるなんて何て強運!(笑)
彼らはあんまりテレビに出なかったので、意外と知らない人が多いみたいですね。勿体ない~。

出口氏の声はホント、個性的で大好きです。
好き嫌いが分かれるというのは個性がある証拠ですし、流行り廃りじゃない声なので、いつまでも色褪せないですしね。

僕は瓦礫の詩人を聴きながら返信してみます!
グラスバレー以外にも、素晴らしいアーティストのレビューを書いてみたいので、是非是非また遊びに来て下さいね!

| JUN | 2007/05/28 19:15 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

初めまして、KITAと申します。
グラスバレーは高校の時に偶然「瓦礫の詩人」を手に取ってハマり、
彼らの名前が載っていた音楽雑誌を買ったら解散発表だったという懐かしい思い出のバンドです。
YUKIさんの後悔が分かります(笑)

ところで「イカルスの落下」ですが
これは「お前」の墜落死の暗喩ではないでしょうか?
GVにはめた友人と、自殺か事故(反政府運動的な)かで
論争をしていたことを思い出しました。

| KITA | 2012/03/24 00:10 | URL | ≫ EDIT

Re: はじめまして

>>KITAさん
はじめまして!ああ、それ同じパターンかも!僕も友人から瓦礫の詩人を借りたのが始まりでしたが、しばらくして解散…悲しくてアルバム(特にSTYLE)を聞きまくった高校の頃…

> ところで「イカルスの落下」ですが
> これは「お前」の墜落死の暗喩ではないでしょうか?
> GVにはめた友人と、自殺か事故(反政府運動的な)かで
> 論争をしていたことを思い出しました。

ああ、確かにそうなのかも?このアルバムって結構メッセージのようなものが込められてますよね。しかしそうやって語り合えるGVファンが居てイイですね!ってこちらも一人だけいたんで、幸せものです。
出口さんも今はこういうGV系の歌詞を書かなくなって少し寂しいです。
GVみたいなバンドってなかなか無いので、期間限定でもいいから復活してくれないかな~と思っちゃいます。

| JUN | 2012/03/26 01:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/86-41477602

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。