PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GRASS VALLEY / ハッピネス

ハピネス ハピネス
グラス・ヴァレー (1991/08/23)
KRE
この商品の詳細を見る

ドラムの上領亘が脱退した後に発表されたミニ・アルバム。
曲数を考えると、現在で云うところのマキシシングルだろうか。

1. ハッピネス
2. D2
3. マニュアル・ピープル


#1.ハッピネスはこの後に発売されるアルバムにも収録されているので、そちらで語ることにします。
やはり、上領氏の脱退が大きく響いていることを感じざるを得ません。
「最新の絵の具を使って今までと同じつもりで描いているけれど、どこか彩りに乏しい」
そんな印象です。以前のような絶妙の混ぜ具合は、もう感じ取る事が出来ませんでした。

同じように見せようとする擬態の様に感じてしまい、グラスバレーとしての曲と云うより、プロデューサーである土橋安騎夫の色が目立つ気がしてしまいます。
残念ながら、この人がプロデュースすることには違和感がありますね。確かに基本となる部分では共通点がありますが、このミニアルバムを聴いて、次回作への期待が薄れてしまいました。

ただ、ハッピネスの歌詞は良いですね。これも次回のレビューで詳しく。

買ってから殆ど聴くこともなく、CDラックの片隅に置いたままになっております。

貴重なGRASS VALLEYのジャケットは、出口雅之氏の公式ページで見ることができます。
D-SYSTEM GRASS VALLEYのDISCOGRAPHY
関連記事

| GRASS VALLEY | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/87-d4d64f5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。