PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Howard Jones(ハワード・ジョーンズ)/ In the Running

In the Running In the Running
Howard Jones (1992/04/14)
Elektra
この商品の詳細を見る

ハワード・ジョーンズの5thアルバム。
ハワード・ジョーンズというミュージシャンの音楽的な推移として考えてみると、前作の“Cross That Line”までのエレクトリック期、今作以降のアコースティック期に大別できる。

1. Lift Me Up
2. Fallin' Away
3. Show Me
4. Voices Are Back
5. Exodus
6. Tears to Tell
7. Two Souls
8. Gun Turned on the World
9. One Last Try
10. City Song


漂うのは、彼自身の頭髪が脱毛してゆくのと同じような悲壮感。徐々にアルバムの売り上げが落ちてきた。
彼自身は、この次に発表されたベスト・アルバム“ベスト・オブ・ハワード・ジョーンズ”を最後にメジャー契約を打ち切られてしまう(因みに、その時のショックから、某宗教へ入信してしまう…)。

さて、アルバム自体の感想と云えば、これまでの様に何台ものシンセサイザーを駆使して創り上げられたポップなサウンドではなく、アコースティックなテイストを強めた極めてシンプルなものへと変貌を遂げているのが特徴であろうか。元々は楽器にに堪能であり、ピアノの講師も務めていたくらいなので、アコースティックな音に比重がシフトしても違和感はなかった。
しかしながら、今までのように美しいメロディーを紡ぎ、素晴らしい歌声を披露しているのだが、そのアコースティックなサウンドによって創り上げられたトラックからは、残念ながらBGM的な印象しか受けなかった。
今までのように何台ものシンセサイザーを駆使したり、プログレッシヴ・ロックの影響を感じさせるような、奇想天外な展開がないからだと思う。
彼の澄んだ美しい声は、アコースティックには馴染みすぎるのだ。

Amazonで楽曲の試聴が出来ます
関連記事

| Howard Jones | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newromathic.blog82.fc2.com/tb.php/98-cbef8d11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。